goo

「タイムマシンにおねがい」を倍楽しむ方法

2006年06月28日 | みみよりめより
この曲の歌詞にはかなりレトロな情景が描かれていますので、ここは年の功、知らない方のためにすこし解説しておきましょう。歌詞の意味がわかれば楽しみも倍増するものです。

 ボギーのソフトにいかれて
 デュセンバーグを夢見るアハハン

全世界の人口は60億ですが、60億人の中で、「ボギー」と呼ぶことが許されている人はただ一人、ハンフリー・ボガート(Humphrey
Bogart
, 1899年1月23日 - 1957年1月14日)でしょう。1940年代、1950年代の最も有名なハリウッドの映画俳優でイングリッド・バーグマンと共演した「カサブランカ(1942)」が特に有名。「昨夜は何処に?」「そんな昔のこと覚えていない。」「今夜会える?」「そんな先のことなどわからない。」というセリフが滅茶苦茶かっこよかった。最後の奥様のローレン・バコール(Lauren Bacall、本名:Betty Joan Weinstein
Perske
)は齢80を越すが、存命。

ソフトをかぶり、煙草をくわえたポーズが決まりすぎ。当時の男性はみんなこれを真似たそうです。管理人の義父の若い頃の写真がありますが、ちゃんとソフト帽をかぶり、ボギー気取りです。ヘビースモーカー。肺癌で長い闘病生活の後自宅で亡くなりますが、亡くなる日の朝、外出するローレン・バコールに向かって、「バイバイ、ベティ(本名)」、根っからのハード・ボイルドでした。

デュセンバーグとは、排気量7リッター、265馬力を誇り、3トンもある車体を最高時速192km(トップギア時)という高速で引っ張った(ウィキペディア)という1930年代の化け物車。当時のセレブ御用達。「風とともに去りぬ」のクラーク・ゲーブル(美男美女ではゲーブルとビビアン・リー、カッコよさではボギーとバーグマン?)もこの車のオーナー。後期のスーパーチャージャー付きモデルの最高時速は208km!写真でもその巨体は伺われますね。エンジンルームなんか棺桶ほどの大きさです。

 鹿鳴館では夜ごとのワルツのテムポに今宵も
 ポンパドールが花咲き シルクハットがゆれるわアハハン

鹿鳴館がわからない人は中学校の教科書を開いてください!さて「ポンパドールが花咲き」とは、別段ポンパドールのパンを大皿に盛り上げているわけではありません。ポンパドール[pompadour《フランス》]とは、もともと前髪を上のほうへ盛り上げ,全体をふくらませて後頭部でまとめるヘアスタイルのこと。ルイ15世の愛人ポンパドール侯爵夫人が好んだことから、こう名づけられました。確かに鹿鳴館での舞踏会を描いた絵画などでは、ご婦人はみんなこの髪型。前髪を盛り上げるのは日本髪でもそうですので、抵抗無く入っていけたのでしょうね。
goo | コメント ( 4 ) | トラックバック ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
 
コメント
 
 
 
煙草を奨励するわけじゃないけど (りお)
2006-06-28 19:35:23
 ボギー殿みたいに、「その人が煙草を吸っているだけで、一つの絵になる大人の方」がいませんよねー?この写真でも、ちょい不良オヤジ(笑)とは似ても似つかない品の良さと退廃感がとても魅力的。



鹿鳴館での紳士のスーツの下着は「ふんどし」なのも周知の事実ですな。

 
 
 
Unknown (てっちゃん)
2006-06-28 20:29:37
ボキーは単に突っ立っているだけでサマになる人でしたね。煙草の持ち方ですが、親指と人差し指でつまむように持つ、これキザな人がやると滅茶苦茶かっこいいですが、普通は大変ヒンソーに見えます。



鹿鳴館時代、きっと女の人のコルセットの下は腰巻だったのでしょうね。ポンパドールって年配のご婦人の結上げに似ていますね。
 
 
 
ボギーの映画って見たことないんだけど (Too)
2006-07-07 19:27:50
Bertie Higginsの曲で「Key Largo」ってのがあって、歌詞の中で「We had it all Just like bogie & bacall」って歌てるんだけど、バコールって奥さんだったのか。ハードボイルドってちょっと手が伸びにくい映画で、全然知らなかったデス…。

タイムマシンにおねがいだけじゃなく、こっちでも実ゎナットクしてたりするw
 
 
 
Unknown (てっちゃん)
2006-07-07 21:06:37
ボギーの代表作、「カサブランカ」は多分、名作シリーズ物で980円くらいでDVD売っているのではないかと。ハードボイルドといってもフィリップ・マーロウの探偵物などとは違い、かなり叙情的です。買って損はしないと思いますよ。私はVHSで所有しています。古いですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。