チームかまいし通信

在宅医療連携拠点チームかまいしのブログ

4月と5月のふりかえり

2019-07-10 | ブログ

皆さんこんにちは。涼しい日が続く釜石です。
なんでも現在、西日本は暑く東日本は涼しいとか…
日本は広いなあと感じるこのごろです。

さて、前回は3月の事業について振り返りましたが、今回は今年の4月から5月にかけて開催した事業等についてお伝えします

 

 チームかまいし所属部署変更

平成31年4月1日付の機構整備により、チームかまいしの所属部署は釜石市「地域包括ケア推進本部事務局」となりました。


窪田副市長より辞令交付がありました

これまでチームかまいしでは、地域包括ケアシステムの構成要素のうち「医療」と「介護」の推進を担ってきましたが、所属部署の変更により、これまで通り医療・介護連携及び多職種連携に取り組みつつ、今後はより広い視点で地域包括ケアを推進していきます。

チームかまいしの所属換えについては、既に別記事を作成していますので、あわせてご覧ください。

 

 地域包括ケアの推進に関する研修会を開催

4月16日、市保健福祉センターを会場に、市職員や釜石市社会福祉協議会職員らに向けた地域包括ケアの勉強会を開催しました。

定期異動などの影響を踏まえて行われた今回の研修会では、市の地域包括ケアに関するアドバイザーを委嘱している東大IOG特任講師の後藤純さんが講師を務め、これまで市が行ってきた地域包括ケアシステムの推進に関する取り組みと、安心戦略・閉じこもり戦略の取り組みをふりかえりました。

職員が一丸となり地域包括ケアシステムの構築を推進するよう、今一度足場固めが行われた研修会でした。

 

 各務原市による視察の対応

5月15日には、岐阜県各務原市より市議会議員ら8名が来釜しました。

当日は「在宅医療連携拠点チームかまいしの取組み」と題した行政説明を行いました。
説明後の質疑応答では、地域医療に関することを中心に様々な質問があげられ、活発な意見交換が行われました。

 

 東日本津波伝承館解説員研修の対応

5月20日、陸前高田市に開館が予定されている東日本津波伝承館より、解説員らが研修のため釜石市を訪問しました。
当日は、研修の一環として、チームかまいしの小田島副主幹による「東日本大震災津波発災当時の釜石市災害対策本部医療班の活動について」をテーマとした講義が行われました。

「震災対応と連携がどう関係するんだろう?」と思われるかもしれませんが、実は災害時は「多職種連携の現場」そのもの。

講義では、市が受けた震災(特に津波)被害の程度や、医療・介護施設の被災状況、被災者はどのような医療・介護支援を必要としていたか、各地から次々派遣されてくる医療班をどのようにコーディネートしたか等、当時の写真を映しながら説明しました。

震災対応を経験した専門職は「平時にやっていることしか緊急時にはできない」と言います。
普段から多職種連携を進め、顔の見える関係=信頼関係を築いておくことが緊急時の備えともなることをあらためて認識する機会となりました。

以上、4月・5月のふりかえりでした。

次回は6月以降のふりかえりになると思います。お付き合いいただけたら幸いです


この記事についてブログを書く
« 3月のふりかえり | トップ | 地域連携だより第34号を発行... »