復活、いつも心はぽっかぽか ~いつも、ボクのそばにはキミがいる。。

私の心をあたたかくなるものを紹介していくブログです。ドラゴンズ日本一になるように応援していきましょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありがとう

2006-12-31 18:56:30 | ぽっかぽか
いつも「復活、心はぽっかぽか」を見てくださって、本当にありがとうございました。

今年はドラゴンズがセリーグ優勝ということで、すばらしい1年になりました。
今後も、ドラゴンズの地元に住んでいるものとして、ドラの情報を世界に発信していきたいと思います。
来年も、ドラゴンズをよろしくお願いします。

来年も、心があったかくなるような言葉やモノを見つけたいですね。


《今日の言葉》

 10のうち、9つが悲しみであっても
 たったひとつ 信じられるものがあれば
 それは しあわせなこと
            (加藤いづみ)

信じられるものが、大切な誰かだと、もっとしあわせなのかも…。

来年も、あなたにとって、すばらしい1年になりますように。
コメント

伝えたいことがある…

2006-12-29 19:05:20 | ぽっかぽか
今日もステキな人に会いました。
でも、どうやら心配事がある様子。
また、ドジっちゃったみたい。
そこがかわいいところなんだよね。

とりあえず、コレで、安心できるのかな??

年中無休で対応してくれるみたいだよ。
でも、もう1回、詳しく状況を教えてくれると、もうちょっと力になれるのかも。

実を言うと、「あなた」といるとね、不思議と
「いづみさんのライブ」のあとや「ぽっかぽか」を読んだあとと
同じような気持ちになるんだよ。前向きな気持ちに!

知ってた?
今年も、本当にご苦労様でした。いいお年を!!
来年もよろしく!?

ところで、みなさん、聞いてくれましたか?
いづみさんの「今日までの私、明日からの君

感想、待っています。


今日の1曲。「星になった涙」加藤いづみ

♪大切なこと 無くせないもの 
 なぜあの時 気づけないままいられたんだろう?

明日も、後悔しない一日でありますように…


ほな
コメント (2)   トラックバック (2)

仕事納め

2006-12-28 22:36:51 | weekly Dragons
今日で、今年のお仕事は終わりで~す。
明日から、お休み。
さてさて、何をしようかな?

京都にでも行こうかな?それとも、コタツの中でごろ寝?

明日は、あなたに会いに行きますよ。待っててね。
また、優しい気持ちになれるといいね。

コメント

今日までの私、明日からの私

2006-12-27 22:52:21 | いづみの部屋
今日は、待ちに待った加藤いづみさんのNEWアルバム
「今日までの私、明日からの私」の発売日です。
今回は、ヤマギワで買うとポスターがもらえるとあって、
ナディアパークまで行って、買ってきました。

品川教会で、浅野さんに「あのポスターってもらえないんですか?」とたずねたら、
「考えておきます」と答えてくれたんですけど、覚えてくれたのかなぁ?

さてさて、肝心なアルバムなんだけど、いいですよ。

1曲目の「Blue」のイントロのギターソロ。これだけでやられました。
いづみさんの声と研さんのギターはすごくマッチします。これだけでごちそうさまでした。
「October」は、いづみさんには珍しく、スピード感がある曲で、ライブで盛り上がるんだろうな。
「春のゆめ」はライブバージョンなんですね。
聴いていて、なんかいづみさんの声が、ほかの曲より響いて、
なんかライブっぽいサウンドだなぁと思っていたら、
最後に、パチパチと拍手が入ってて…。
やっぱり、ライブ音源なんだって、驚いて。

7曲目以降は、まだ聞いてないので、これから聴きますね。


今回のアルバムは、「ZERO」から15年を経ての原点回帰、自分と向き合い
明日への思いをこめたピュア&ナチュラルって、CDのオビにあったんだけど、

いったい、どんなことをファンに伝えたいんだろう?ってことを考えながら、
じっくり聴きこんで、詞の世界が浮かんでくるようになりたいですね。
研さんといづみさんが送ってくれた贈り物は、二人の今の思いが詰まっているから…。



今回もまた、穏やかな気持ちになれそうです。

コメント

憲伸鍋 その4

2006-12-25 21:36:04 | weekly Dragons
昨日、憲伸鍋の続きが放送されました。
その内容です。

A:いきなりなんですけど、クリスマスとかなんて、どんなすごし方してるんですか?

(ホントに、いきなりです!!)

K:よくあるのは、打ちっぱなしとか、サガミで味噌煮込み食べたりとか…

(ホントかな!?あまりにも寂しすぎない?)

A:こちらが聞いて、楽しくなるようなことはないんですか?

K:4年くらい前だったら、クリスマスに練習してましたよ。
  「夜…雪の中…マラソンしてましたし…」
   たまたまマンションに、ボクのかぁちゃんが来てて、もう家にいるのがつまんなくて。

  (せっかくのクリスマスに、何でくるんだよ!!と思ったんだろうね)

A:せっかく、お母さんが徳島から出てきてるのに?

K:ボクが練習することが、もうすごくうれしいんです。練習とか努力してるとこが…

A:憲伸、まじめにやっているんだと

K:それ(練習すること)がお母ちゃんに対しての一番のクリスマスプレゼントだと。
  「ちょっと、走ってくるわ!」って…


心から愛する憲伸ファンの未婚女性の方。
孝行息子の憲伸さんを誰かもらってくださいな。

(というか、もっとあま~い!話を聞きたかったな)


話は野球の話に戻って…

A:今にして思うと、球界の大エースになっているじゃないですか。
  で、どうしてドラゴンズなんですか?

K:やっぱり、星野さんが当時監督されてましたから、明治の後輩だし、
  だんだんなんだか雰囲気的に、ドラゴンズ、ドラゴンズってなってきて、
  ドラゴンズしかないのかな?って。
  ボクを選んでくれるチームもいたはずなのに、
  何で(選択肢が)ドラゴンズしかなくなってくるんだろう?って。

  ドラフト会議の前の日くらいに、僕の携帯がいきなりなったんですよ。
  当時は電話番号も出ないし、当然、星野さんの番号なんて知らない。
  で、ボクはマンションでゲームをしてたんですけど、
  電話が鳴ったので、普通に出たら。

  「なにしとるんや?」

  「誰?(だと思って)はい?」

  「何番が欲しいんや?」

  「はっ?あの、すいません。誰ですか?」

  「星野や!」

  「星野?誰?」

  「誰て、中日の星野やぁ!!!」

(そう言われた瞬間、)自然と正座してましたもんね! 誰もいないのに。

  「はいっ!」

  「で、何番が欲しいんや?」

  「何番って言われても、特には…」

  「じゃぁ、11~19の中から決めろ!」

  「(15か22がいいと思って、)すいません。15番で!」
   ※15は、5という数字が好きで、それに1をつけて。22は、自分の誕生日が6月22日だからです。

  「よっしゃ、15番な。」

  しばらくして、星野さんから電話があって、

  「15番はアカン!!」(笑)
   (15は、永久欠番なんですよ!!)

1998年のデビュー以来、今や野球界のエースになった憲伸。
これまで、たくさんの感動を与えてくれました。

A:ご本人の中で、一番印象にある試合ってあるんですか?

K:まぁ~、ノーヒットノーランは普通に。ノーヒットノーラン寸前で…ていうのも印象に、
  でも、一番印象に残っているのは、と言うか、一番ボクがずっと夢を見てて、
「こういう野球がしたいって…」っていう、
  2ランホームランを打って完封勝ちした試合ですかね。
  ホント、あれですね。2度と出来ないような…。まず、ホームランを打つことが少ないですから。

※2ランで完封勝ち=2004年5月15日 2-0BY(ナゴヤドーム)

A:戦っていて、一番戦いのあるバッターって誰ですか?
  この人と対戦していると、楽しいなぁっていう?

K:やっぱり、松井コジラ選手ですね。(コジラ!?)
  松井さんはすごかったですよ。
  まず、顔が大きかったですよ。マウンドに上がって投げるときに、
  ボクより遠いはずの人間が、ボクより大きく見えるんですよ。
  顔が大きいし、身体も大きいし…。

  なんか、こっちがバッターボックスにいる感じ?


Y:憲伸は、メジャーとか行かないの?

K:メジャー、行きたいですよ。あのPGAの!(ゴルフかよ!
  FA権を取ったら、ぜひ1回は挑戦してみてですね、2年くらい修行して…

  「だめですかね?」

日米野球に参加したことのある憲伸。が、ボンズにバックスクリーンにホームランされた経験を振り返って


K:アウトコースまっすぐ、けっこう力を入れて「エイ!って」投げたんです。
  で、「谷繁さんのミットに入って、ストライクかな?ボールかな?。
  初球は見逃してきたか?やっぱり、1回も対戦したこともないだろうし。(振ってこないな)」と思って、
 普通だったら、見逃すタイミングなんですね、ボクにとっては。

  そしたら、いつの間にかバットが出てきて、
バックスクリーンにボールがビューんと飛んでいったんですよ。
  「このスイングはちょっと違う!」と思って。
何で、今からスイングが間に合っちゃうんだろうって。
  あの瞬間、ホームランを打たれて光栄だったですね。
いいものを体験させていただいて、ありがとうございました。

たぶん、憲伸は大リーグに挑戦しても、そんな実力はまだないのかも、と思っているかもしれませんね。

その憲伸。
今日、無事、契約更改をして、サインしてくれました。
今年は、もめることなく、33000万で。
これで、ひとまず一安心。

来年も、再来年も、その次も、いつまでもずっと、ドラゴンズ一筋で!!
コメント (1)   トラックバック (1)