復活、いつも心はぽっかぽか ~いつも、ボクのそばにはキミがいる。。

私の心をあたたかくなるものを紹介していくブログです。ドラゴンズ日本一になるように応援していきましょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2段モーションの疑問が解けました。

2005-10-31 21:17:49 | weekly Dragons
ずっと2段モーションについて疑問がありました。
ランナーがいるときに2段モーションをしたら、ボークになる。
これはよくわかります。

じゃぁ、ランナーがいないときに2段モーションで投げたらどうなるのか。
で、久野さんに聞いてみた。

ルールブックによると、その投球は、「ボール」となるそうです。
ただし、その投球をバッターが打った場合は、打者に有利なときに限り、
その結果を優先するそうです。

つまり、
2段モーションで投げた投球を打った場合、
ヒットやホームランなら認められて、
打たなかったり、打ってアウトになるようなときは、「ボール」
となるということです。


ということは、2段モーションで投げられた「ど真ん中のストレート」を
打ち損じてアウトになっても、その投球は「ボール」になって、打ち直しできるってことです。

たぶん、来年の野球の試合時間はますます長くなるでしょう。
バッターの打率は高くなり、「夢の4割バッター」も出現するのではないでしょうか。
コメント   トラックバック (6)

勝手にドラ17Qしてごめんなさい。(T_T)

2005-10-23 23:34:28 | weekly Dragons
ドラファンのKuunnさんという方のブログでファンにはたまらない面白い質問がありました。誰か指名してくれないかなと、淡い期待をしておりましたが、
もうなさそうなので、勝手に答えてみます。

今季のドラゴンズについてです

Q1. ドラゴンズに足りなかったものは何?

   練習とプレッシャーに打ち勝つ精神力

   チャンスであと1本が出ない打線。
   あと1本が出たら、どれだけ勝てたことでしょう。
   1年間先発ローテを守りきれる体力を持つ投手がいなかった。
   やはり、これを克服できるのは練習しかない。

Q2. 2位という成績を素直にどう思う?

   よくやってくれたと思います。
   たまたま、阪神が中日以上にすばらしかったということでしょう。
  

Q3. ドラゴンズでMVPをあげるとすれば誰?(理由もお願いします)

   井端

理由:ここ一番で勝負強い打撃と、華麗な守備で投手陣を守り立ててくれたから。

Q4. 今季新加入をしたドラ選手の中で新人王をあげるならば誰?(理由も)

   鈴木

理由:勝ち負けにかかわらず、毎試合のように登板した鈴木。
   どんなに劣勢な試合であっても、相手チームの得点を0に抑え、
   相手チームにいった試合の流れを中日に傾きさせる貴重な働きを
   1年間通して、勤めてくれました。

Q5. この一年間で『成長したな』と思う選手は?(ルーキー以外、理由も)

   高橋聡

理由:緊迫した状況で起用されるようになった、中継ぎで登板した31試合で連続
   無失点記録を作ったから。左の中継ぎエースまでに成長してくれました。

交流戦についてです

Q6. 今年から始まった交流戦はどうでしたか?

   楽しかったです。
   もっとドラゴンズが勝っていたら、さらに楽しかったと思います。
   あえて文句を言うとしたら、
   もっと、ビジターゲームをTV(地上波)で見られるようにしてほしい。

Q7. ドラゴンズが交流戦で勝てなかった理由は何?

   投げて、打って、走る、単純な野球ができなかった。
   ドラの野球が、パリーグには通用しなかったのでは…。
   

Q8. 実際に戦ってみて一番強いと感じたチームはどこ?(パ・リーグ限定)

   千葉ロッテマリーンズ

理由:ピッチャーがよく、打線は一発はないがよくつながっていた。
   そして、10番目の選手の存在。ここがドラとは大違い。
   選手には、かなり心強かったに違いないと思います。
   球場全体がひとつになって、相手チームに襲い掛かるという感じかな…。

Q9. 楽天に唯一負け越したドラゴンズですが、楽天を見てどう思った?

   弱いんじゃない。ほとんどの選手の名前を聞いたことがありませんから。
   ただ、田尾さんをはじめ、ドラから行った選手が多いせいか、
   中日だけには負けたくないとか、名古屋でいいところを見せてやろうとする
   気持ちがいい方向に行ったんだと思います。

Q10. 来年の交流戦は勝てますか?

   勝てると思います、というか、絶対に勝て!!

来季に向けて

Q11. さ、もう今年は忘れて気持ちは来年へ。あなた流開幕スタメンをどうぞ!

   1  セカンド  荒  木
   2  ショート  井  端
   3  サード   コースケ
   4  ファースト タイロン
   5  ライト   井  上
   6  センター  アレックス
   7  レフト   平  田
   8  キャッチャー谷  繁
   9  ピッチャー 中  田
        
Q12. 来季の代打要員、代走要員、守備要員は?

   代打:高橋光、渡邊、川相、立浪、森野、岩瀬、石井、森岡
   代走:英智、澤井、土谷
   守備:英智、渡邊、川相、小山

   今までの常識を覆すピッチャーが代打。そのあと、マウンドへ。
   岩瀬は、愛知大学リーグの最多安打記録にあと1本に迫まったことのある
   「隠れた安打製造機」。(抑えだから無理ですけど…
   石井は、先発したときに打ったタイムリーは、野手顔負けでしたから。
   土谷はトレードが成立せずに中日残留を期待。

Q13. 先発ローテーション投手は?(6人)

   右:中田、中里、佐藤
   左:マルティネス、山本昌、石井

Q14. 中継ぎ、セットアッパー、抑えをどうぞ

   中継ぎ:鈴木、山井、朝倉、高橋聡、平井、川井、岡本
   セットアッパー:憲伸、チェン、落合
   抑え:岩瀬

   やはり来季も岩瀬に繋ぐまでが大きなポイント。
   そこで憲伸を後ろに置いてみた。
   これが来年のドラの目玉。たくさん、憲伸が見られるかも。
   むかし、古田が自分の野球チームを作るというTVの企画で、
   憲伸はセットアッパーとして使いたいと話していたのを参考にしました
   理由は、憲伸のカッターは、どんなバッターでも通用するから。

Q15. 来季のドラゴンズへひとこと

   ぶっちぎりで優勝して、52年ぶりの日本一


Q16. この質問を回したい人は誰ですか?(5人)

   もういません。

Q17. この質問をやってみた感想をどうぞ

   難しかった。

コメント (3)   トラックバック (9)

2005年最終戦。来年こそ日本一。

2005-10-07 23:03:01 | weekly Dragons
今日の試合も完敗でした。優勝できなかったとはいえ、
5連敗で、後味が悪い形で2005シーズンが終わりました。
せめて80勝まで行ってほしかったな。

今日のスタメン。一番が福留だって。笑っちゃった。
でもぜんぜん打てなかった。結果論になっちゃうけど、
100得点より、30本塁打を優先したということだね。

今日はタイロンの一発だけ。盛り上がりにどうも欠けた。
タイロンもなぁ…。ぶっちゃけ、今年3割も打ったイメージってある?
少なくとも、オレにそんなイメージはまったくない。
代わりにあるのは、チャンスで空振り三振のイメージのほうが多かった。

それにしても投手で2年連続で活躍することって、相当難しいだね。
今年のドラをよく見て、そのことを思い知らされた。
昨年よりも活躍できた投手って、岩瀬くらいじゃないのかな。
あとは期待はずれ。
今年優勝争いできたのも、中田、鈴木、マルちゃんのおかげじゃない。

だから、もう一度、投手陣の再建が必要だね。
ドラ投手陣の柱は、間違いなく「英ちゃん」だと思うのね。
来年は1年間ずっと中継ぎとして使ってほしいな。
まぁ、優勝できなかった分析は、明日以降ということで…

さて、今日のドラゴンズには、明るい話題もあったんだっけ。

それは…

谷繁、ドラ残留」らしい。


阿部がファーストをやり始めてからずっと心配してたんだよね。
巨人に行かなくて、よかったよかった。




コメント (10)   トラックバック (32)

岩瀬46S、大魔神越え! そしてあのピッチャーが復活!!

2005-10-01 22:06:20 | weekly Dragons
今日の試合。観戦できた人はすごく幸せものですね。

岩瀬のセーブ新記録を見られて、本当によかったですね。

7回にドラゴンズの集中打が出て、大きくリードしてしまい、

今日の岩瀬の出番はないかなと思ったけど、予定通り(?)平井が8回に失点。

そして、岩瀬がきっちりと9回を締めて、新記録達成することができました。

来年、また岩瀬がこの記録を更新することを

期待します


岩瀬さん、一年間ホントにごくろうさまでした。


そして、ドラゴンズファンにとって、岩瀬以上にハッピーなことがありましたね。

あの悲運のエース中里篤史の復活登板。
実に1469日ぶりの復活。

あの「ホップ」してくるストレートで新井、栗原から空振り三振。

そして天才前田さえも、いとも簡単に牛耳ってしまいました。

見事、ファンの声援にこたえてくれました。

中里は、やっぱり誰よりもずっと「何か」を持っている選手ですね

今まで4年間苦労してきた中里に、野球の神様が「プロ初勝利

をプレゼントしてくれました。

中里おめでとう。

次はぜひ、誰も踏んでいないまっさらなマウンドに立つことを期待します。

がんばれ、中里。中田なんかに負けるな!中日のエースは中里ということで!!

さてさて、明日はサンドラ・スポスタ見なくちゃね。

コメント (4)   トラックバック (52)