南房総上瀬戸 de さんあーる

日本で一番地球にやさしい環境先進地をめざす千葉県南房総市千倉町上瀬戸3Rの会です。3R活動や季節の移ろいを紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2/12 さんあーる主催講演会

2011年01月23日 | Weblog

2月12日 上瀬戸さんあーるの会 環境講演会

「自然って何。環境って何。」

講師・伊沢正名
元自然写真家・糞土師

2月12日(土) 13時開場 13時30分開演

健田幼稚園多目的室(千倉町瀬戸)

入場無料

 

伊沢正名さんは、ネイチャーフォトの世界ではよく知られた写真家。

きのこの写真家で、菌類などを専門に撮影してきました。

数多くの写真集や図鑑などの著書があります。

伊沢さんが、「自然循環に自らを組み込もう」と考え、十年ほど前から毎日欠かさず実行しているのがノグソ。

旅をしていても、どこかいい場所を見つけ必ず毎日野外でし続けました。

人は食べ、生きる。そして必ず排泄する。それを自然に帰す。

究極の循環を実践しているともいえます。

自然って何? 人間って何? 循環って? 環境って?

沢山の?を豊かな経験を通じて語ってくれます。

異色異才の伊沢さんが、フンを通じて今まで見たことも聴いたこともない身近でダイナミックな世界へいざないます。

フンの苦手な方(?)はご遠慮ください。

 

伊沢正名プロフィール

1950年茨城県生まれ。自然写真家。

菌類や隠花植物を専門とし、きのこ、カビ、コケなどの生態写真に独自の世界を切り開いた。

キノコの生き方に惚れこむ。

菌類を撮影し出版した書籍は30冊以上。

主な著書: 『森の魔術師たち』(朝日新聞社 1983年)、『日本変形菌類図鑑』(平凡社 1995年)、『くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを』(山と溪谷社 2008年

共著:日本のきのこ』(写真撮影を担当 山渓カラー名鑑山と渓谷社 1988年)、『きのこ』(写真撮影を担当 山渓フィールドブックス 山と渓谷社 1994年)、『日本の野生植物 シダ』(平凡社)

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ナバナ摘み取り農園オープン間近 | トップ | あいさつ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事