紅茶のある風景

ゆっくりと紅茶を飲めるようなゆとりのある時間を持ちたくて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キネマの神様

2017-02-13 16:44:08 | 
原田マハさんの「キネマの神様」を読みました。

冒頭の文章
 「観るたびに思う。映画は旅なのだと。
  幕開けとともに一瞬にして観るものを別の世界へ連れ出してしまう。」

無性に映画館で映画を観たくなりました。

ほんの数年前までは、年間100本前後の映画を観ていたのに・・・
映画館で観ることにとてもこだわっていたのに・・・
最近はケーブルTVの映画が専門になってしまいました。

この本を読むと、映画館にこだわっていた自分が見えてきて
あの時のワクワク感、臨場感を思い出し
別の世界にどっぷりつかることの楽しさを感じました。

ストーリーはバリバリのキャリアウーマンが突然会社をやめた時
映画とギャンブルが趣味というダメ親父が倒れ、多額の借金が発覚
どうすれば!という家族の危機
映画に関係することで家族が再生していく話です。

懐かしい映画がいっぱい出てきて、映画評論も面白く
うなずいてしまうことも多々

映画っていいなあ・・・と(^_^;)
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シネマ歌舞伎 | トップ | 入院~退院~明日から »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画館 (ららる~♪)
2017-02-17 07:05:05
アンさん、
すっかり映画から遠のいて、アカデミー賞も全く興味がなく・・・。
お手軽なTVドラマで済ませてしまっています。
すっかりおばちゃん化。加速してます。

この作家知らないです。
きちんと本も読んでいるのですね。
懐かしい映画の映画評の所読んでみたい。

一度ぷらりと映画館を覗いてみます。
いっしょ(^_^;) (アン)
2017-02-17 18:23:10
ららる~♪さん
私もおばちゃん化してます(^_^;)
TVで映画は気楽だし、本はいつでもどこでも読めるので
だんだん出かけることが億劫になって・・・特に暑さ寒さに負けてます。

原田マハさんは好きな作家さんのひとり
キュレーターもしてらしたので、美術をメインにした小説も多いです。
「楽園のカンヴァス」はお勧めです。
TVドラマや映画になった小説もありますよ。
映画 (よっこ)
2017-02-19 11:41:24
確かに映画も本と同じで 違う世界に導いてくれる旅ですねー。映画館には好きな音楽をメインテーマにしたのが上映されている時、良く行きます。
原田マハさんのこの本、アンさんの映画歴と重なり、頷ける様な気がします。きっと映画に詳しい方なんでしょうね。





音楽 (アン)
2017-02-23 12:52:52
よっこさん
好きな音楽をメインにした映画を見に行くって
よっこさんらしいですね。
達郎さんの歌を映画館で聞いたらぞくっとしますよね。
ライブとまた違った臨場感で

映画も本も音楽も今と違う世界に連れて行ってくれるたびですね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事