tchichi僕の日常

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を見る

2018-11-22 09:59:15 | 日記



母の虐待を受けても それでも母が好きだと言い続ける少年が主人公


成長した主人公(太賀)が少年の頃を回想する


少年の頃は肥満児で「豚」とイジメられ 母(吉田 羊)にも虐待される


母は他人に かなりいい顔をして愛想をふりまく


主人公は17歳で家出をして 精肉店で住み込みで生活する


その後 会社員となって立派な社会人となる


数年後に 突然母から電話が入る 再婚相手の葬式に出てほしいと


その後 母を思って食事の準備をする しかし母は拒絶する


突然 母が倒れ入院する そこからお互いに寄り添う


それにしても虐待のシーンがあまりにも残酷


母を演じている 吉田 羊はリアル過ぎて憎たらしい


それでも母が好きな息子役 太賀も好演


感激した映画であった


ウォーキング・ジョギング1時間 まだまだ寒さを感じないがこれから数日したら暖房が恋しくなるのかな







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ライ麦畑で出会ったら」を見る | トップ | 「斬、」を見る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事