カードキングダムブログ
全国チェーンのカードゲームショップ、カードキングダムです。
 




東京おもちゃショー2010に行ってきました!(一般公開日は7/17・18日!みんなで行くしか!)

公式サイト
http://www.toys.or.jp/toyshow/

各メーカーさんのブースをぜーんぷ見回って来ましたが、基本的にはどこも撮影禁止。

何しろ、雑誌にも出てないような、新製品の極秘情報が満載だからね。

ですがブシロードさんの所では撮影が大丈夫だったので写真を撮りまくってきました!

さあ来たぞ!これがカードファイト・ヴァンガードだ!!

 

ブース前で記念撮影。


左からゲームデザイン中村聡氏、池っち店長、原案漫画作者・伊藤彰氏、ブシロード社長・木谷高明氏。



ブース前のドラゴニック・オーバーロードの巨大フィギュア。制作はなんとグッドスマイルカンパニー!

ブース内はアトラクションになってます。島村プロデューサーによれば、

「まだカードなどもお見せできる段階でも無いので、参加してくれた人達(メインは子供達)に、『楽しかった』という“イメージ”をもって頂ければ、と思ってアトラクションにしました。」

とのこと。

見たところ、おもちゃショー全体で、他にこういったアトラクションは無かったんで、これはちょっと目立つかもしんない。

入り口から入ってみると・・・・

ヴァンガードの舞台、「もうひとつの地球」へとつながる謎のトンネル。行ってみるとわかるだろうけど・・・目が回る!

内部は幾つかのスペースになっていて、イベントで宝探し。カードをめくったりして、コインをゲット出来る。

で、最終的にどうなるかはお楽しみ。

アトラクションを出たところでは、開発中のヴァンガードの設定資料などが盛りだくさん。

製作中のカード。裏面をどうするか悩んでいるところだそうだけど、どのデザインもかなり綺麗。
なんか、文字の部分にニスを塗っているようで、浮かんで見える。

アニメの設定資料。

カードイラスト。(他にも色々あったぞ!)

そしてっ!これが面白い!
遊戯王R
の作者、伊藤彰先生による、ヴァンガードの第一話ストーリー(の、途中まで)が、ブース内で特別公開されているのだ!

主人公、先導アイチと櫂トシキ。↓


いかす!ドラゴニックオーバーロードマジかっこええ!早くカード欲しい。

来年発売だから、まだまだこれから、という感じだったけど、アニメ化、カードの発売に向けて、何やら盛り上げていこう、という気概は感じました。

ゲームデザインは、ヴァイスシュヴァルツや俺の好きなディメンション・ゼロの“遊宝洞”の中村聡氏なので、ゲーム性やバランスは、恐らく最強レベルの安心度だと思われる!

でもって伊藤先生の漫画が、カードゲーム漫画として本当に面白そうなので、こっちの方も個人的にはかなり楽しみだ。

しかし・・・授業中にパック剥くとかが流行ると、マジ困るんですけどw

絶対こんなことすんなよ!?
コイツはやられ役キャラだから悪い事してんの。こんなことしたら引きが悪くなって当然だっての。(笑)

さて、このヴァンガード、多分、中高生あたりのカードゲーマーからスタートして、アニメや漫画で小学生も入ってくる、という流れになるんじゃないかと思う。

遊戯王、デュエル・マスターズやバトルスピリッツに続く、大きな柱になってくれるといいなぁ、と心から思うね。
実際、もう少し何年も続くタイトル数があったほうが、業界的には安定するし。

ブシロードさんだから、トライアル(構築済み)なども発売される、続けやすいTCGであることにも期待したい。


さて、他にはバンダイブースがすごい。
バトルスピリッツコーナーが気合入っていたり、新作ガンダムのアニメがすげーカッコ良かったり(ガンプラを作ってバトルするアニメ!)、プリキュアの新キャラ情報がダダ漏れだったり(ネタバレ大爆発!これがっ!おもちゃショーだ!)、などなど、

「さすがバンダイ」

と言わざるをえないクオリティ。

そもそもバンダイさんは、問屋さんから玩具メーカーになった会社なので、マーケティングやプロモーションが凄い。

ついでにここ数年は、テクノロジー的にぶっちぎりでノウハウを持つメーカーになっているので、もう、なんか、玩具という枠を超えてるんじゃないか?!別の業種なんじゃないか?!とか思えてくる始末。

 

対するタカラトミーさんは、歴史ある玩具工場からスタートしたメーカーさん。

玩具メーカーとしてのアイディアに満ちた新製品で、色々なワクワクを提案してくれています。

「ほう!最近のプラレールはこうなっているのか!」

「むぅ!ベイブレードのブームをそのままビーダマンに持っていくつもりか!これはうまい!」

とか確認するだけで楽しい。本当に。

そんな社風だからか、デュエル・マスターズの年末最重要アイテムは、「玩具的に」なかなかインパクトがあるものでした。

写真撮影はもちろん禁止だし、内容的も詳しく言ってはいけないんで伝わりにくいと思うけど、これがもう、物凄く目立つ!どうみてもTCGには見えない。(笑)

こういった、インパクトのある商品を活用して、売り場に変化と活気を出すのが売場づくりの楽しいところ。今年も売り場が楽しくなりそうだ!

 

その他おもちゃショーには、この冬上映していた3D映画
“劇場版遊戯王・時を超えた絆”ダイジェスト版を視聴できるブースがあったり、ゲスト出演のステージがあったりと、一日遊べるお祭り騒ぎが盛りだくさん。

「不景気を吹き飛ばすのは、エンターティメントから!」

といわんばかりの活力に満ちた、東京おもちゃショー2010。
本来は業界人向けの見本市だけど、17(土)・18(日)は一般公開日で誰でも見にいけれる!これは見に行くしかないぞ!
http://www.toys.or.jp/toyshow/

PS
ブシロードのヴァンガードアトラクションをクリアすると、オリジナルデッキケースがもらえる。今んところ激レアだからついでにゲットしとこうぜ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 池っち店長、2... カードキング... »