東京コンサルティンググループ・トルコブログ

毎週火曜日更新
トルコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、トルコの旬な情報をお届けします。

トルコの監査制度に関して

2018年05月29日 | トルコの法務

こんにちは、トルコ駐在員の高津です。

今週はトルコ監査制度に関して記載していきます。

 

トルコでは会社法に基づき監査制度が規定され、国際監査基準(ISA)と一致した監査基準となっています。トルコにおける監査は、トルコ監査基準に準拠して実施され、トルコ会計基準、会社法、そして被監査企業の定款に準拠して財務諸表が作成されているかどうかを含みます。

 

■ 監査対象会社

トルコでの監査対象会社は大会社のみとなっており、2013年1月に監査対象となる大会社の定義が公表されました。原則としては売上高、総資産額、平均従業員数のうち2つを満たす場合に大会社に判定され外部監査を受ける必要があります。

法定監査の対象となる会社は、TFRSに沿って財務諸表を作成し、監査を行わなければなりません。また年次総会において、前期の損益計算書と貸借対照表が 株主により承認を受ける必要があります。

 

[ 大会社の定義]

売上高 2億トルコリラ

総資産 1億5,000万トルコリラ

平均従業員数 500名以上

 

 

以上です。

 

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

 

高津 幸城


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トルコ会社法改正に関して | トップ | 監査の種類 »
最近の画像もっと見る

トルコの法務」カテゴリの最新記事