東京コンサルティンググループ・トルコブログ

毎週火曜日更新
トルコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、トルコの旬な情報をお届けします。

トルコQ&A 労働組合への加盟方法について

2017年02月28日 | トルコの労務

こんにちは、トルコ駐在員の高津です。

 

今週のブログはトルコのQ&Aについて書かせて頂きます。

 

Q トルコでの労働組合の加盟状況、加盟方法について教えて下さい。

 

 

①  労働組合加盟状況

 

トルコでの労働者の労働組合加入率は、労働社会保障省の統計によると、2003年57.5%であったのに対し、2014年には9.68%まで下がっている。OECDの統計によると4.5%となり、トルコはOECD加盟国のうち最も低い労働組合加入率となっている。労働社会保障省の2016年に発表された統計では労働組合に加入している労働者数は1,514,053名となっており2016年1月には11.96%となっている。ヨーロッパの平均25-30%と比較しても低い労働組合加入率であることがあげられる。

 

 

 

1960

1970

1980

1990

2007

2009

2013

労働組合

460

737

733

81

94

100

113

雇用主組合

33

120

106

49

53

48

49

 

 

 

②.労働組合への加入方法

 

15歳以上の労働者は労働組合への加入申請後、 労働組合が拒否しなければ30日後に自動的に加入することができる。 労働組合への加入に当たり、書類の公証等は必要なく、ウェブ上の電子政府内で簡単に手続を行うことができる。加入後は毎月の給与から一定の金額を労働組合に収めることが義務付けられている。

 

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

以上


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 退職賠償金の支払い義務に関して | トップ | トルコでの労働組合連合について »
最近の画像もっと見る

トルコの労務」カテゴリの最新記事