東京コンサルティンググループ・トルコブログ

毎週火曜日更新
トルコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、トルコの旬な情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トルコ商法について

2017年12月12日 | トルコの法務

こんにちは、トルコ駐在員の高津です。

今週トルコ商法について記載していきます。

トルコ商法とは日本でいう会社法に相当します。2012年7月1日より施行されたトルコ商法はEU標準や世界貿易組織の要件に一致するように修正されました。これにより、以下のような外国資本の直接規制において自由主義原則奨励が適用されました。

 

・外国資本の企業は同じ営業内容、同じ条件下の国内企業と同等の権利や免除および他の便益を持つ

・最低資本金5万USドルを廃止

・外国資本の企業は国内企業と同じプロセスでの資本増強や定款の修正、総会への株主代議制度を適用

 

また、以下の事項が変更となりました。

 

・合併や分離等の組織再編の法的フレームワークが税法に代わり、商法が担う

・存続会社の資産や債務の別会社への所有権移転や流動化の容認

・少数株主の権利の明確化

・10%以下の株式保有制限の設定

以上です。

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

 

高津 幸城


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 外国企業の土地所有可否について | トップ | 定年退職の取り扱いについて »
最近の画像もっと見る

トルコの法務」カテゴリの最新記事