タイ進出コンサルティングの東京コンサルティングファーム | タイ駐在員ブログ

毎週水曜日更新
タイへの進出をコンサルティングしている駐在員が、タイの旬な情報をお届けします。

シンガポール現地法人開設に関するお知らせ

2011年04月26日 23時16分47秒 | お知らせ

当グループは、シンガポールに現地法人

Tokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.

を4月12日に設立し、今般営業開始いたしますのでお知らせいたします。



2011年2月に発表された2010年のGDP成長率は14.5%となり、2ケタ成長は1994年(10.6%)以来16年ぶりで、
建国以来最高の数値となりました。
リーマン・ショック以降の世界経済低迷の影響で、09年の経済成長率は0.8%のマイナスでしたが、
エレクトロニクスや医薬品の輸出回復を主因として、
カジノに代表される統合リゾート施設の開業による観光関連産業の拡大等を受けV字回復を達成しました。
10年の1人当たりGDPは4万3,867米ドルと、Sドル高も寄与して史上初めて4万米ドルの大台を超えました。
00年の2万3,414米ドルから、この10年間でほぼ倍増したことになります。


近年、日本企業が成長著しいアジア各国市場への参入を検討する上で、
「戦略拠点」としてのシンガポールの重要性が高まっております。
シンガポールは、アジアでも最高レベルの社会インフラを有しており、
また、インドや東南アジア諸国、アラブ諸国へのアクセスの中心地となっていて、
日本企業のみならず、中国やインド、欧米企業の多くが拠点を構え、
クロスボーダーの商談や提携先の発掘に適した環境にあります。
また、シンガポールは日本と比べて法人税が低く、課税控除の幅も大きいため、
本社や研究開発拠点をシンガポールへ移転する日本企業も増加傾向にあります。
またシンガポールの人材は非常に優秀で、生産性、勤務態度、技術面で世界最高レベルにランクされています。

一方で、インフラコストの高騰.高い人件費と労働力不足、
狭い国内マーケットでの激しい低コスト競争、さらに製造業には厳しい環境基準を満たすことが
要求されるなど難しい面もあります。
このような要因により、前述した同国への投資メリットを十分発揮できずにいる日系企業が多いのもまた事実であります。


当グループは、現地の法律事務所、会計事務所をはじめとする専門家ネットワークを構築しており、
シンガポールにおける各種拠点の設立実務から、地域統括拠点としての設置や
本社・研究開発機能の移転、拡大するFTAを利用したタックススキームの構築、
優秀な人材の供給など企業の国際競争力の強化に努めます。
また、提携先の発掘や商談サポートを行い、アジアにおける戦略策定を全面的に支援いたします。
これらはシンガポール国内のみならずアジア各国に拠点を持つ当グループだからこそ提供できるものであり、
このようなサービスの提供を通じて、日本企業のアジアにおける事業展開に貢献できるよう取り組んでまいります。


シンガポールに対するお問い合わせは下記までお願いします。
http://www.kuno-cpa.co.jp/tcf/singapore/

コメント

Sawadee Khrap...Hello from Thailand - Passang Yolmo

2011年04月10日 23時21分52秒 | その他
Sawadee Khrap!

(A polite greeting in Thailand used when meeting or parting. It can be used in the morning, afternoon, evening,….basically, anywhere and everywhere!! It means “Hello, nice to meet you! or simply “Hello” ”, “Good Morning”, “Good Evening”, “Bye”, “See you” and so on...its said with hands folded prayer style in front of you with a slight bow…like “Namaste” in India or Nepal (if you have been to that part of the world)….very good to hear and pleasant to see!

※ A word of caution….”Khrap” is used by men while it is “Khaa” for women!

So then, “Sawadee Khrap” everyone!! My name is Passang Yolmo from Tokyo Consulting Firm Co., Ltd (Thailand)….for the record, we support the Japanese Investment into Thailand through Consulting services MAINLY in the fields of accounts, taxation, recruitment, legal and real estate.

This is my first attempt at writing a blog, so pardon me if its not blog-ish!

Pardon me also for writing in English…

English has in our company become the main language of communication (especially through mails). It is amazing to see the improvement in English amongst my Japanese colleagues. This is very rare and unheard of in Japan and we at TCG are doing our bit (though it’s a small step but a BIG leap for us) towards globalization in Japan. English has not been very important till now in Japan but will surely be in the days to come……….I hope we can become the pioneers and that other Japanese companies will also follow in our footsteps and introduce English as a means of communication in the workplace.

Its been a little over a month that I have been in Bangkok and honestly, I couldn’t agree more with the “Amazing Thailand!” promotion! It is one of the best countries that I have ever been to….a VERY close second to Japan (although I am from India!!)…Thailand or rather Bangkok is indeed a mini-Japan!! There is Japanese presence everywhere from restaurants to malls and cars (obviously) to Karaoke!! Japan is the single biggest investor in Thailand and if you go by figures for last year, the investments from Japanese is 3 times than that of the second placed Europe! 2010 was one of the best years for the Thailand economy with the GDP reaching 8%!

Japan has directly contributed to the Thailand economy (there are apparently around 7,000 Japanese companies and 50,000 registered Japanese people in Thailand, although unofficially it is apparently around 150,000!) which I think is one of the reasons why Japan and the Japanese hold a special place in their hearts! (though, Thailand is generally a very friendly country)…This could also seen by the number of activities held in Bangkok to gather money to help Japan after the Tsunami, although Thailand itself is suffering due to the floods in the southern part! Taxi drivers, guards, restaurant owners, shop keepers etc. mistaking me for a Japanese ask about the Tsunami and whether my family is ok or not.. There is genuine concern in their eyes.

My slight resemblance to the Japanese people also serves as an advantage at times (when I have to resign myself to be a Japanese due to my futile efforts to explain that I’m from India!) One of the first instances was when searching for an apartment in Thailand. House owners here (particularly ours) are, as per the real estate company, apparently not to keen on renting their apartments to Indians (!). However, it was relatively easy for me due to the reason mentioned before and also due to the fact that it was a Japanese company (although the occupant is Indian!)…. Well it helped that our CEO was also present at the time......!!

………anyways, that was then!!

Today we met a new Japanese company soon to be established here. Although it was a Sunday today, they were kind enough to meet us. TCF’s international business expansion was indeed eye-brow raising for them and as is to most of the people. This company is an SME…exactly the kind of companies we are targeting! SMEs are forecasted to come in huge numbers to Thailand in the coming years…Thailand is also strategically placed to cover the other developing nations and hence is an important country for us…Kobayashi (my colleague here) and I need to work hard and get a chunk of the pie!

In the meantime, it is “Songkran” the Thai New Year the coming week, which is supposed to be the main festival in Thailand and I believe Thailand will almost be completely shut for a week! Need to see that for myself..

More update on that later…….

Summer has officially started and the days are getting hot and humid!

Until next time……..

Raatree Sawad!
(Good Night)
コメント

**タイ赴任のご挨拶**

2011年04月07日 01時31分21秒 | その他
はじめまして。
TCF(Thailand) の小林平悟です。


TCF(Thailand)は、インドを担当していたパサンと、
日本で国際事業部に所属していた小林が、ここバンコクに赴任し、3月より活動しております。

今後、ここバンコクから皆さんに
現地の情報を発信していけたらと思っています!


さて、3月の中旬から赴任し、もう1ヶ月が過ぎようとしています。

こちらの生活にも慣れてきて、ようやくひと段落したところです。
と、同時に、いろいろと考える時間が多くなりました。。。

この約一ヶ月の間で一番強く感じたこと、
それは、私が「日本人」であるということです。

大震災後の日本の方々の行動を報道で見て、日本の助け合いのこころに感動するとともに、自分が日本人であるということに誇りを感じました。

また、行く先々で私が日本人であることが分ると、周りの方に「家族、親戚、知人は大丈夫だったか。」と声を掛けていただきます、街を歩くと日本向けの募金活動などを数多く見たりします。私の住んでいるアパートでも、掲示板に日本への募金活動の告知をしてくれています。

海外の方々が日本のことを本当に心配してくれているのだと感じ、感謝の気持ちでいっぱいになります。


「私は日本人だ。」


海外にでると、そんな当たり前のことを再認識させてもらえます。

日本人として、日本の企業として、ここタイで出来ること、
するべきこと、成すべきことを日々考えながら仕事をしていきたいと思っています。


これからどうぞよろしくお願いします。


TCF(Thailand) 小林 平悟
コメント

【プレスリリース】~タイ国現地法人設立に関するお知らせ~

2011年04月04日 11時11分19秒 | その他

タイ国現地法人設立に関するお知らせ

当グループは今般、タイ国の首都バンコクに現地法人Tokyo Consulting Firm Co. Ltdを設立し、来る3月7日に営業開始いたしますのでお知らせいたします。



当グループは、独立系会計事務所として初めてインドに拠点を構え、日本語対応による迅速かつ正確な情報を提供するという他にはない総合コンサルティングサービスを提供し、ご愛顧を頂いて参りました。

本格的な高齢化社会に突入し、人口減少の進む日本では、引き続く消費の低迷、デフレにより、状況は一層厳しさを増していくものと考えられます。
タイ国は、発展拡大する生産力・購買力を背景に商品調達と販路拡大にとって大きな魅力を有しており、中国一極集中体制のリスク回避拠点(China+1)としても注目を集めています。ASEAN諸国の中でも、とりわけリーマンショックからのV字回復をいち早く果たしたタイ国は、インド、中国、ASEANの中心に位置するという地理的優位性、インフラの充実、優秀な労働力を背景として、積極的な外資優遇政策を打ち出しており、日本企業にとって依然として魅力ある投資先となっています。

しかし一方で、タイ国では、特有の会計制度や税制、監査制度などがあり、また行政上のドキュメントのほとんどがタイ語での表記であるなどの理由から、専門家による支援がどうしても必要となります。さらに、近年では、人件費の上昇によって企業収益が圧迫される一方で、ジョブホッピングが多発し、人材不足が大きな課題となろうとしております。

当グループは、会計・税務・人事・労務・法務の専門家を多数有しており、タイ国進出企業が直面しているこうした課題に対応するため、間接部門のアウトソーシングによるコストの削減と本業への資源集中、さらには現地での管理体制構築を日本・タイ国両国から支援することにより、長期的視点に立ったコスト削減を支援します。さらに当グループのアジア各国に広がるネットワークを通じて周辺国への進出をサポートし、販路拡大・収益増大に貢献いたします。

また激化する競争を勝ち抜くために優秀な人材の確保は企業にとって最重要課題であると考えられます。インドでのノウハウをもとに、世界中に広がる提携ネットワークを利用し、国境に捉われない人材の供給を行うと同時に、国際労務の専門家による労務管理や、評価制度等の人事システムの構築を支援いたします。このように、管理部門を包括的にサポートする総合コンサルティングサービスは他に類を見ないものであり、タイ国における日系企業の活躍を支えることを通して、同国の発展に貢献していけるよう、取り組んでまいります。

尚、タイ国以外のアジア諸国にも現地法人の設立を進めており、設立され次第、順次お知らせしてまいります。

以 上

 

コメント