シンガポール進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週金曜日更新
TCG・シンガポール駐在員より最新情報を提供し、シンガポール進出支援をサポートします。

マレーシアの設立について Incorporation of a company in Malaysia

2015年02月02日 | マレーシアの投資環境・経済

初めまして。4月からマレーシアに赴任を致します、東京コンサルティングファームの藤井大輔と申します。今週からマレーシアについて、進出、会計、税務や労務など、お客様から頂いた疑問点やご質問をこのブログでもアップしてまいりますので、何卒宜しくお願いいたします。今回は、会社設立の中でも、簡単に設立できる現地法人の設立について書きたいと思います。

 

Nice to meet you. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm and will be a director of Malaysia branch from this April. I will write some topics in this Blog related to accounting problem, tax problem, labor problem in Malaysia and so on. In this time, I am writing the incorporation topic, especially setting up a company in Malaysia. Please check it.

 

Q マレーシアの設立の手続きについて教えて下さい。

  Please tell me the way to set up a company in Malaysia.

 

A マレーシアで現地法人を作るのに何か難しい手続きがあるということはありません。ライセンスを必要とする業種のビジネスをやる場合は別です。

There is no special difficulty in setting up a company in Malaysia.

(Exclude the business required some license issued by the government.)

 

具体的な手続き方法は以下の通りです。

Please check the general procedures below.

 

<手続き>

<Procedures>

 

①      商号申請。

Name search

申請から1~2日程度で可否の結果が出ます。

You can know whether your company name is applicable or not.

 

②      下記の書類をSSM(マレーシア登記局)に商号確定から3ヶ月以内に提出。

You submit the requirement documents to SSM in 3months from the approval of your company name.

 

<提出書類>

 

  1. 現地会社定款及び付属定款
  2. 秘書役法定宣誓書(Form6)
  3. 取締役及び発起人の法定宣誓書(Form48A)
  4. 商号認可書(Form13Aのコピー)
  5. 英語版親会社の定款(日本で公証・認証済み)

 

<Requirement documents>

 

  1. MOA and AOA
  2. Affidavit by Secretary
  3. Affidavit by Directors and Promoter
  4. The approval of your company name (a copy of Form 13A)
  5. The certificate of parent company (required to be notarized in home country)

 

    以上の書類を提出して、会社登記許可がおります。

   After all documents accepted in SSM, You can get the certificate of your     

   company.

 

③      その後、一ヶ月以内に下記の書類を取締役会で採決し、提出することで無 

事に会社設立となります。

   In a month from getting the certificate, you are required to submit some

   documents below. The Board of Directors should approve these 

   documents.

 

  <採決必要書類>

 

  1. 株式の割り当てに関する書類(Form24)
  2. 登記事務所の通知書類(Form44)
  3. 取締役、経営者及び秘書役の名簿(Form49)

 

 

 

  1. The allotment of shares (Form24)
  2. The b\notification of your office (Form44)
  3. The list of Directors, Manager and Secretary (Form49)

 

※  1 マレーシア現地法人は2人以上の取締役は、マレーシアに居住しているものでなければならず、また会社の秘書役を必ず任命しなければなりません。

※  2 行うビジネスによっては、更なる追加書類も発生する可能背はございます。

※  3 会社の設立が完了してから、18ヶ月以内、ないしは会計年度末から6ヶ月以内の早い方で第一回株主総会を開かなくてはなりません。

 

※  1 Two or more Directors should be in Malaysia. You should appoint the company secretary.

 

※  2 You should submit extra documents to SSM according to what kind of businesss you will do in Malaysia.

 

※  3 You should hold the shareholders meeting in 18 month from the day of completion of setting up or 6 month from the end of business year. (you can choose earlier date)

 

以上が簡単ではありますが、マレーシアでの会社設立の流れとなります。

何かマレーシアビジネスに関することやそれ以外のASEAN地域などに関するご質問がございましたら、何なりとお申し付けください。

 

This is the outline of incorporation in Malaysia. If you have some questions about Malaysian business or ASEAN business, please feel free contact to me.

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル7階

国際事業部

藤井大輔

 

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm

Address: 7th Floor, 2-5-3, Shinjyuku, Shinjyuku-ku, Tokyo

Department: International Department

Name: Daisuke Fujii

 

 

 

それでは、今週も頑張って参りましょう。

See you next week.

 

 

<新サービス登場>

                          

海外進出質問サービス


 


この記事をはてなブックマークに追加