シンガポール進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週金曜日更新
TCG・シンガポール駐在員より最新情報を提供し、シンガポール進出支援をサポートします。

Key Employment Termsについて 1

2018年02月05日 | シンガポールの労務

2016年に始まったKey Employment Terms(KETs)の制度ですが、今もまだこちらを順守していない企業が多数見受けられます。再度KETsについて確認してみましょう。

 

KETsは上述の通り2016年より始まった制度であり、雇用主が従業員に提示しなければならない17の項目をリストアップしております。

今回は、1-4について確認しましょう。

 

1.Full name of employer

2.Full name of employee

3.Job title, main duties and responsibilities

4.Date of start of employment

 

どれも基本的な条項と言えるでしょう。ただし、この中で抜けがちなのが3です。

企業によってはJob Titleを定めておらず、特に提示していない場合があります。また、日本企業にありがちなのが、main dutiesを定めていないケースです。総合職としての考えを残す日本企業においては、何でもやるというのがあるかもしれませんが、海外においてその考えは従業員の働き方とマッチしないケースがあります。

 

今一度、従業員に提示しているかを確認していただければと思います。KETsの提示方法は特段定められていないので、就業規則や雇用契約書で包括することも可能ですが、いずれかの方法で伝えていなければなりません。原則就業開始から14日以内にこれを提示しなければならないこと、会社として管理できるようにしておかなければなりません。

 

 

【問い合わせ先】

Tokyo Consulting Firm Co. Pte. Ltd.,

岩城 徳朗(iwaki noriaki)

iwaki.noriaki@tokyoconsultinggroup.com

+65-8363-9858


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« シンガポールで海外事業を立... | トップ | Key Employment Termsについて 2 »
最近の画像もっと見る

シンガポールの労務」カテゴリの最新記事