シンガポール進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週金曜日更新
TCG・シンガポール駐在員より最新情報を提供し、シンガポール進出支援をサポートします。

恒久的施設(PE)について

2018年05月07日 | シンガポールの税務

会社形態を考えるうえで、所得税などの課税対象とされるかどうかは非常に大きな論点です。

 

この課税対象を考えるうえで恒常的に経済活動を行っている母体と認識される基準がPermanent Establishment(恒久的施設、PE)ですが、その概念は国ごとに異なるばかりでなく、各国間の租税条約によっても判定が微妙に変わってきます。

 

シンガポールにおけるPEは、「事業の一部・全部が行われる特定の場所」という定義で、下記のような場所が該当するとされています。

(a)事業の管理所・事務所

(b)工場・作業場・建築工事現場

(c)支店

(d)天然資源採取場所

(e)農園

(f)倉庫

 

一方、日本・シンガポール間の租税条約では、上記の(e)農園、(f)倉庫がPEに該当するという条項はありません(日星租税条約第5条)。

更に、企業のために準備的、補助的な性格の活動のみを行う目的で事業を行う場所を保有する場合には、PEとみなされないという規定があります。

 

これは、企業を誘致したいシンガポールにとって、準備的、補助的な活動の段階で課税をしてしまうことが、企業進出の足枷となることを避けたいという意向が反映されたものと言えます。

 

また、他人の名義で以下の活動を行う主体を、PEを保有するものとみなす規定(代理人PE)にも注意が必要です。

(a)代理で契約を締結する

(b)代理で引き渡す目的で物資を保管する

(c)代理で反復して注文を引き受ける

 

シンガポールに地域統括拠点を置き、そこから各国への進出を検討する際には、個々の案件ごとに専門的な調査が必要となります。

 

PEに関するお問い合わせも、お気軽にお寄せください。

 

【問い合わせ先】

東京コンサルティングファーム

シンガポールブランチ

近藤貴政

kondo.takamasa@tokyoconsultinggroup.com

+65-6632-3589

http://www.kuno-cpa.co.jp/form/

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日当における所得控除限度額 | トップ | Managing DirectorとDirector... »
最近の画像もっと見る

シンガポールの税務」カテゴリの最新記事