東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピンの工業団地について 2

2018年02月08日 13時14分38秒 | フィリピンの投資環境・経済

皆様、こんにちは。

東京コンサルティングファームの伊藤です。

 

今回は前回に引き続き、フィリピンの工業団地について執筆させていただきます。

 

前回は自動車・2輪及び電機メーカーが進出しているファーストフィリピン工業団地と

コンピュータ会社や製造業が進出しているラグナテクノパークについてご紹介させていただきました。

 

今回ご紹介するのはクラーク経済特別区、リマ工業団地になります。

 

1) クラーク経済特別区

マニラの北方パンパンガ州に位置し、1991年にクラーク米国空軍基地が返還されてから2年後に正式にフィリピン政府より経済特別区として指定され、軽工業、リゾートやカジノなどがあります。

 

クラーク開発公社の管理下にあり、レストランやホテルが多く存在し免税店では日用品が購入できます。

日系の大手では横浜タイヤの向上が有名で、その他中小企業も複数進出しております。

 

2) リマ工業団地

丸紅と現地のアルカンタラグループのアルソンズランド社の合併企業であるリマランド社によって開発されました。

バタンガス州に位置し、セイコーエプソン、日立電線、ヤマハ発動機などが進出しております。

 

 

以上となります。

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

 

弊社では、フィリピン進出から進出後の会計、税務、人事および労務まで

すべて対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

TOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH

Unit 801, 8th Floor, Bank of Makati Building, Ayala Ave.

Extension Cor. Metropolitan Avenue, Makati City, Philippines.

TEL: +632-869-5806,

 

東京コンサルティングファーム

フィリピン国 マニラ駐在員

伊藤 澄高

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。

当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フィリピンと水害~これまで... | トップ | フィリピンにおけるPCABライ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの投資環境・経済」カテゴリの最新記事