東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピンQ&A 駐在員の給与受取り時期について

2017年06月08日 15時46分54秒 | フィリピンの税務

こんにちは、フィリピン駐在員の大橋です。

 

今週のブログはフィリピンのQ&Aについて書かせて頂きます。

 

Q 駐在員の給与受取り時期ついて教えて下さい。

 

→フィリピンでは、駐在員が就労し、労働の対価をフィリピンで受け取る場合は、就労ビザ(9gビザ)を取得する必要があります。

 

一般的に、就労ビザ取得にあたっては、3~4ヶ月の期間が必要になってきますが、

駐在員の現地給与受取りに関して、労働局(DOLE)から労働許可書にあたるAEP(Alien Employment Permit)を、移民局から仮ビザにあたるPWP(Provisional Working Permit)を取得した段階から可能となります。

 

また、就労ビザの申請から数日後、移民局からビザ申請者の面接日が決まり、面接後2~3週間で就労ビザの承認がおります。

 

なお、就労ビザ取得後は、外国人登録書にあたるACR(Alien Certificate of Registration)が発行され、全ての手続きが完了することになります。

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

以上


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピンで一般的な福利厚生 | トップ | 交際費の経費計上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの税務」カテゴリの最新記事