東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピン初級者向けQ&A⑪ 就労ビザについて

2015年10月14日 16時35分26秒 | フィリピンの労務

 

こんにちは、フィリピン駐在員の田辺です。

フィリピン初級者向けブログ、第11回は就労ビザについて書かせて頂きます。

 

Q. 就労ビザはどうやったら取得できるのでしょうか?

 

→就労するためのビザは、就労される方の状況や会社の受けているインセンティブに応じて数種類かありますが、ここでは一般的な就労ビザである9g(ナインジーと読みます)ビザの取得方法を説明させて頂きます。

 

まず、就労ビザを申請する前に労働局(DOLE)で労働許可書(Alien Employment Permit)を取得する必要があります。申請に必要な書類は申請書、雇用契約書、写真、パスポート等です。(詳細のリストは労働局でご確認下さい。)

 

労働許可書を取得した後に移民局で就労ビザを申請しますが、近年は就労ビザと共にPWP(Provisional Working Permit)という仮ビザを申請しなければならないことになっていますのでご注意下さい。就労ビザの申請から数日すると移民局からビザ申請者の面接日について連絡が入り、面接を済ませると、2~3週間後に就労ビザが承認されるという流れになります。就労ビザ取得後には外国人登録書であるACR card(Alien Certificate of Registration)を取得し、すべての手続きが完了します。

 

手続きの流れは以下のサンプルスケジュールをご参照下さい。

  

 

なお、例年海外赴任者の多い4月頃は労働局も移民局も就労ビザ申請で大忙しになるようで、こちらのスケジュールより1月程度長くかかることもありますので、この点はご了承頂ければ幸いです。

 

今週も、どうぞ宜しくお願い致します。

以上


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フィリピンでの増資手続き | トップ | 親会社への利益還流① 配当金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの労務」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事