東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

【駐在員必見!】~フィリピンと日本の外国税額控除について~

2018年08月30日 13時18分50秒 | フィリピンの税務

皆さんこんにちは。

東京コンサルティングファーム、フィリピン・マニラ支店の上原です。

 

本日はフィリピンと日本の間における外国税額控除について書いていきたいと思います。

 

外国税額控除とは、そもそもは日本に居住性のある者が、外国で所得が発生している場合、その所得にかかる税金を日本の所得税から控除できる、といった制度でございます。

 

ただし、こちらは国によって若干異なる場合がございますので、詳しくは日本の国税庁ウェブサイトをご覧ください。

 

 

そもそも日本において、その人(法人)が日本に居住している限り、所得の生じた場所が日本であろうがその他の国であろうが、日本で申告し所得税を納めなければなりません。

 

しかし、例えばフィリピンにてビザをとり企業で労働していたとすると、個人はその所得にかかる所得税を納める義務が発生します。(所得の金額によりますが)


しかし、日本での確定申告時には、そのフィリピンでの所得を税引き前の金額で記載しなければなりません。そこに日本の税率をかけてさらに所得税を納めるのですから、これでは二重課税となってしまいます。

 

 

これを避けるためには、日本で確定申告をする際にきちんとフィリピンで所得税を納めたことを証明する証書を提出しなければなりません。

 

そうすることで、日本での最終的な所得税額から、フィリピンで納付した分の金額を控除することが出来ます。

 

こちらの手続きに関しても、詳しくは日本の国税庁ウェブサイトにて詳細の記載がございますので、まずはそちらをご確認ください。

 

本日は以上となります。

このブログがフィリピンや日本、世界でご活躍される駐在員様の一助となれば幸いです。

 

 

 

今週もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

弊社では、フィリピン進出から進出後の会計、税務、人事および労務まで

すべて対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

TOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH

Unit 801, 8th Floor, Bank of Makati Building, Ayala Ave.

Extension Cor. Metropolitan Avenue, Makati City, Philippines.

TEL: +632-869-5806,

 

Tokyo Consulting Firm – Philippine Branch

上原陵

Tel: 9458997067

 

E-mail uehara.ryo@tokyoconsultinggroup.com

 

 

 

 


※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。

当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 投資還流方法に関して | トップ | BIR Auditが、撤退リスクに?! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの税務」カテゴリの最新記事