東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピンの特別永住権査証について

2018年09月27日 15時43分20秒 | フィリピンの法務

こんにちは、Tokyo Consulting Firm Philippine Cebu Branchの近石 侑基です。

 

前回に引き続き、フィリピンにおける査証(ビザ)についてご説明いたします。その中でもリタイアメント用のビザである、特別永住権査証についてご説明いたします。このビザは、申請受付と運営はフィリピン退職庁(PRA/Philippine Retirement Authority)が行うため「PRA永住権」とも呼ばれます。

 

特別永住権査証(SRRV/Special Resident Retiree’s Visa)とは、35歳から取得可能であるフィリピンでの永住ビザになります。こちらは取得可能年齢の若さ(35歳)から、日本を含む多くの外国人に人気の高いビザになります。

 

申請条件は無犯罪であることに加え、フィリピン退職庁(PRA)指定の銀行に半年以上の定期預金を行う必要があり、申請時の年齢(50歳未満か以上か)やビザ取得後の預金運用の有無、年金受給者かどうかによって1万米ドルから5万米ドルと金額は異なっております。この預金額は、半年間を過ぎても使用することなく預金しておく必要があり、特別永住権ビザの解除時には全額返金されます。

 

また、預金の運用はコンドミニアムの購入など、用途がかなり制限されています。

 

特別永住権ビザの場合は、外国人就労許可証を取得することで、フィリピンでの就労も可能になります。

 

 さらに、このビザでは同伴家族として配偶者または21歳未満の子供を2名までであれば、追加預金なしで同伴させることができ、フィリピン国内での通学も可能です。同伴家族が3名以上であれば、3人目から1人につき1万5千米ドルの追加預金が必要になります。また、年間360米ドルの前払いの会費納入が義務付けられています。こちらも3人目からは1人につき年100米ドルの追加会費が必要になります。

 

 

 

今週もどうぞよろしくお願い致します。

 

弊社では、フィリピン進出から進出後の会計、税務、人事および労務まで

すべて対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

TOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH (CEBU)

3/F Unit 305, Keppel Center, Cebu Business Park

Cebu City, Cebu 6000 Philippines

 

TEL:(+63)32-260-8715 / -261-0553

 

東京コンサルティングファーム

フィリピン国 セブ駐在員

近石 侑基

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。

当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【フィリピン法務】オイルビ... | トップ | フィリピンにおけるBIR Form ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの法務」カテゴリの最新記事