東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

四半期に1度の休日出勤

2017年07月20日 09時14分41秒 | フィリピンの労務

TCFフィリピン駐在員の榊原です。

今回のブログでは「四半期に1度の休日出勤」についてのご質問にお答えします。

 

Q. 就業規則も同様ですが、四半期に1度の出勤がある土曜日については、休日手当を支給せずに通常の出勤日としたいです。それにあった労働法上の労働時間の記載方法をアドバイスいただきたいです。そのために月曜日~土曜日まで出勤と記載すると少しおおげさなので、もう少し現実にあった記載ができればと思います。

 

A. 弁護士に確認いたしましたが、労働日を月曜~金曜とし、四半期に一度休日の割増賃金をお支払いいただく形が最も良いとのことです。併せて四半期に一度土曜日に出勤の義務がある旨を規定に記載するという取り扱いがよろしいかと思います。

労働日を月曜~土曜にし、土曜日の就労の有無はカンパニーカレンダーに従う形でも不可能ではありませんが、月給額は同じなのに会社の都合で週6日勤務に変更可能となりますと、従業員が不満を持ちトラブルの要因となりかねませんのでお勧めいたしません。

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 榊原 綾


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 移転価格税制の概要 | トップ |  社会保険の加入について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの労務」カテゴリの最新記事