東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピン税制改革の施行と変更点(2018年物品税の申告書)

2018年02月15日 11時14分33秒 | フィリピンの税務

東京コンサルティングファームフィリピン・セブ支店長の日比野です。今回は税制改革(TRAIN)で変更された物品税の申告書について、一部を取り上げて行こうと思います。同内容は2018年1月8日に発行されたRMC No.4-2018によるものです。

 

 物品税の改革においては、タバコ、石油、自動車、鉱物の税率に変更があり、また甘味飲料や非必需品に対して新しく申告書が導入されました。

 

  1. BIR Form No. 2200-T タバコ製品
  2. BIR Form No. 2200-P 石油製品
  3. BIR Form No. 2200-AN 自動車・非必需品
  4. BIR Form No. 2200-M 鉱物製品

 

新たに導入された申告書:

  1. BIR Form No. 2200-S 甘味飲料
  2. BIR Form No. 1620-XC コスメティック品の源泉徴収税

 

現在のところ、eFPSにおいて新しい税率は反映されていないため、詳細の操作方法がRMCにおいて記載されています。また新たに導入された申告書についてはBIRのHPから申告書をダウンロードして申告を行うように通知しています。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 セブ支店 日比野和樹


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピンでの清算手続き | トップ | 2018年度ACR年次レポートの提出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの税務」カテゴリの最新記事