東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

【経営者必見!】~LendingとFinancingの違いとは?~

2018年09月20日 14時03分57秒 | フィリピンの法務

皆さんこんにちは。

東京コンサルティングファーム、フィリピン・マニラ支店の上原です。

 

本日は、実際の弊社のお客様より頂いたご質問を皆様にご紹介したいと思います。

 

Q1.Lending companyとFinancing companyにはどういう違いがあるのか?

A1.上記二つはどちらも消費者金融業向けの事業形態ではございますが、フィリピンにおいてはその規制や事業方針につき明確な違いがございますので、以下をご参照ください。

 

 

・Lending company

基本的に個人向け貸付のみ認められる

自己資本または19人以下の投資家からの資金でのみ貸付

外国資本49%まで

最低資本金1millionペソ(現地法人)

会社名にLending companyという文言を含めなければならない

 

・Financing company

あらゆる対象に貸付やリース、ファクタリングなど、幅広い活動が認められる

外国資本60%まで

最低資本金10millionペソ(現地法人)

準銀行のような活動がBSP中央銀行より認められる

債券や証券の発行も可能

 

尚、外国資本参入が40%を超える場合、どちらの事業形態でも最低資本金は20万USD(約10millionペソ)になります。

                                                               

 

この他にも細々とした違いは見受けられますが、以上の違いを抑えておけば問題はないかと存じます。

上記事業会社の設立は通常の会社設立と異なり、1年~1年半以上かかることが想定されますので、ご注意ください。

 

上記形態でフィリピン進出をお考えの方で、具体的な進出スキーム、手続き、その他規制などでお困りでございましたら、是非弊社までご相談ください。

 

 

弊社フィリピン人弁護士、フィリピン人公認会計士、日本人駐在員にて全力でサポートさせていただきます。

 

本日は以上となります。

このブログがフィリピンや日本、世界でご活躍される実業家の皆様の一助となれば幸いです。

 

 

 

今週もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

弊社では、フィリピン進出から進出後の会計、税務、人事および労務まで

すべて対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

TOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH

Unit 801, 8th Floor, Bank of Makati Building, Ayala Ave.

Extension Cor. Metropolitan Avenue, Makati City, Philippines.

TEL: +632-869-5806,

 

Tokyo Consulting Firm – Philippine Branch

上原陵

Tel: 9458997067

 

E-mail uehara.ryo@tokyoconsultinggroup.com

 

 

 

 

 

 


※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。

当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 雇用促進のための特別ビザ | トップ | 【経営者必見!】~タックス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの法務」カテゴリの最新記事