東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピン従業員の特徴1

2018年02月22日 09時59分58秒 | フィリピンの労務

東京コンサルティングファームフィリピン・セブ支店長の日比野です。今回からはフィリピン人従業員の特徴と配慮すべき点についてお話しします。私自身、マニラ・セブで3年弱になりますが、人事管理を行う中で様々な失敗と学びを得ることがありました。

 

Q. フィリピン人は日本人従業員に比べて劣っているのか

 

A. 日本人駐在員の方の意見を聞いていると、フィリピン人従業員の至らない点を多く挙げられることが非常に多いです。私も賛同する部分は多々あります。例えば

 

・平気で休む

・遅刻をする

・言い訳をする

・改善しない

・責任範囲が狭い

・仕事をサボる

 

日本人としてはどれも社会人として欠けてはいけない素養のように思います。しかし、フィリピンでは日本式の考え方を改め、幾分は譲歩して接しなければなりません。完全に日本の考え方を通そうとすると逆にうまく行かないことが大半です。

 

一方でフィリピンには、平均的な日本人よりも圧倒的に優秀な人材が多く眠っています。普段遅刻してくる従業員が驚くほどのスピードで業務をこなしたり、日本人が気付かない色々な提案をして場をしきってくれることもあります。締め切りまで計画なくやっていた仕事も締め切り直前で本気を出し、うまく業務を完成させる例などもあります。

 

 確かに教育水準が高くない人が一定数おり、文化が全くことなるため一概には言えませんが、明らかに世界で活躍すべき優秀な人材がいることは確かです。我々はそういった人材を見抜き、どうしたらその力を発揮できるのかを研究していかなければなりません。

 

今週もどうぞ宜しくお願い致します。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 セブ支店 日比野和樹


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 働き方改革から見るマネジメ... | トップ | フィリピンにおける準委任契約 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの労務」カテゴリの最新記事