東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国外からミャンマーへ輸入する際の関税について

2018年02月07日 10時32分28秒 | ミャンマーの税務

皆さん、こんにちは。

ミャンマー駐在員の近藤より、以下のテーマでお伝えします。

 

テーマ:

国外からミャンマーへ輸入する際の関税について

 

民政移管後の目まぐるしい制度改変の中、

ミャンマーの関税が以下のように転換しています。

 

賦課課税方式:インボイス価格を信用せず、税関独自の評価リストに基づき課税

↓↓↓

申告納税方式:インボイス価格に基づき課税、必要に応じ事後調査を行う

 

これは、JICA支援の下で導入された電子通関システム「マックス」(MACCS:Myanmar Automated Cargo Clearance System)とも関係しています。

 

この動きで、「関税の課税評価査定・分類認定基準が不適切」と回答した企業比率の割合が2016年度の48.6%から34.2%に低下するなど、ますます国際経済への歩み寄りが確認されています。(2017年度ジェトロ調査)

 

以上


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 為替水準 | トップ | 最低賃金について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの税務」カテゴリの最新記事