東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミャンマー投資環境

2017年08月23日 10時21分10秒 | ミャンマーの投資環境・経済

ミンガラーバー。駐在員の太田です。

本日は、国別でミャンマーに対する投資状況についてお伝えいたします。

 

2017/6/30時点でのミャンマーへの投資国上位は以下です。

(単位:USD$)

順位

投資額

投資比率

1

中国

$19061.924 million

26.36%

2

シンガポール

$17495.161 million

24.19%

3

タイ

$ 10929.926 million

15.12%

 

 

日本は第11位に位置しています。

 

日本は、ここ数年で見ても、あまり順位の変化がございません。投資額自体は2014年ほどから1年ごとに約$125 millionずつ程度上がっているものの、他国に比べると、そこまで積極的ではないのが現状です。数字的に見ても大きな変化がないのに比例し、日系企業の多くはミャンマー経済に対してあまり大きな期待を寄せていません。「ミャンマーの経済は緩やかに伸びている」や「急激な経済発展は期待していない」との意見や見解ばかりです。

 

一方で、2016年から2017年のたった1年間で投資比率に大きな変化が見られた国もあります。

 

東南アジアで顕著だったのは、フィリピンです。投資比率が0.19%上昇。投資ランキングは27位から13位まで順位をあげています。投資額は、$7.173 millionから$136million の伸びです。(2015年から2016年にかけては、投資額が$140 millionほど落ちているので、過去数年で見ると投資額はあがっておりません。)

また、先進国(フランス、UK、ドイツ、カナダ等)に勢いがみられない中、USAがたった1年で投資比率が0.33%上昇し、投資額$4.651 millionから$243.565 million増えており、17国を抜いて、第14位となっています。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チン州にDICAの支店が設置予定 | トップ | 最低賃金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの投資環境・経済」カテゴリの最新記事