東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

ミャンマーにおける観光促進策と日本の関わりについて

2018年10月31日 10時00分00秒 | ミャンマーの投資環境・経済

いつもお世話になっております。ミャンマー拠点の大月です。

2018年9月中旬、ミャンマーへの出入国の手続きに変更がありました。ミャンマーの労働・入国管理・人口省(Ministry of Labor, Immigration and Population)の発表によると、ヤンゴン、マンダレー、ネピドーの3つの国際空港において、出入国カードの提出が廃止されました。これには、出入国カードの廃止によって出入国時の手間を省き、外国人観光客の増加を狙う意図があります。

また観光ビザにも変更点がありました。これまで、観光ビザが免除されていたのはシンガポール、フィリピン、インドネシア等の東南アジアの8か国のみでした。しかし、2018年10月1日より、一年間の試行措置として、日本と韓国に対する観光ビザが免除となりました。また、中国人については、ミャンマー到着後に空港でアライバルビザが発行される事となりました。この背景には、欧米からの観光客の減少があります。

日本とミャンマーの観光協力にも動きがありました。2018年9月21日、日本の観光庁はミャンマーのホテル観光省ホテル観光局との間で、観光協力に関する覚書に署名しました。覚書の主な内容は、両国間の観光交流発展のための連携促進や観光に関する情報等の交換の推進等となっています。

これらの動きがあるミャンマーの観光業界ですが、今後、どのように変化するのか注目されます。

 

東京コンサルティングファーム  ミャンマー拠点

大月健翔(Otsuki Kento)

Mail:otsuki.kento@tokyoconsultinggroup.com

 

 

【WIKI-INVESTMENTのご紹介】

待望のデータベース化を実現!!『WIKI-INVESTMENT』オープン

 

これまで多くの企業様にご愛読いただいた弊社『海外投資の赤本』シリーズ計14冊24カ国(合計金額101,706円相当)の内容が、さらにマレーシア・アフリカ諸国のコンテンツも加わり、データベースに生まれ変わりました。

 

本データベース『WIKI-INVESTMENT』のオープンを記念しまして、今なら各国の2章分(第1章と第2章)を登録不要でお試しいただけます(もちろん無料です)。さらに、すべての内容を一度見たいという声に応えまして、無料会員登録をしていただきますと、24時間で掲載30か国のすべての情報を閲覧することが可能です。

 

無料登録は、下記のURLよりたった1分で可能です。

http://wiki-investment.com/

(なお、閲覧する際は、PCでの利用をお願いします。)

 

コンテンツに関することは、メールで無料問い合わせが可能です!!!

(個別、具体的案件に関する質問は、別途、有料サービスも用意しております。)

 

 


※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ミャンマーにおける保険市場... | トップ | 海外における治安について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの投資環境・経済」カテゴリの最新記事