東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最低賃金について

2018年02月14日 10時22分43秒 | ミャンマーの労務

2015年8月28日から、ミャンマーの最低賃金は3,600MMK/8 hoursと定められています。

これは8時間労働を基準に一日の賃金を定めたものです。

月給をもらう正規社員などの場合、土日祝日もすべて含んだその月の日数でかけたものが最低賃金となります。

例:1月=31日×3,600MMK=111,600MMK

 

また、最初の一年は6日、2年目以降は年10日の有給休暇が与えられます。

 

この最低賃金については、引き上げを求める工業労働者、これを抑え込もうとする経営者、線引きを行う立場の政府労働省(Labour Department)の間で、三角関係のせめぎあいが続いています。

4,800MMK/8 hoursへの引き上げは承認されたものの、適応は今年のいつからとなるか、発表すらされていない状況です。

日本企業の現場においては、労働紛争が行われるのに退職者が出ないという、不思議なことも起きるミャンマーですが、最低賃金の動きは今後も注目が必要でしょう。

 

【問い合わせ先】

東京コンサルティングファーム

ミャンマーブランチ

近藤貴政

kondo.takamasa@tokyoconsultinggroup.com

+95 944 888 6619

http://www.kuno-cpa.co.jp/form/

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国外からミャンマーへ輸入す... | トップ | 休日、祝日、及び残業について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの労務」カテゴリの最新記事