東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

ミャンマーにおける保険市場と日本の支援について

2018年10月24日 10時00分00秒 | ミャンマーの投資環境・経済

 いつもお世話になっております。ミャンマー拠点の大月です。

 

2018年10月現在、ミャンマー保険市場の更なる自由化が検討されています。2018年6月、ミャンマーのマウン・マウン・ウィン・計画・財務副大臣は日本からミャンマー保険セクター支援計画を受け取りました。正式名称は、Comprehensive Map of Proactive Assistance for the Future of Myanmar's Insurance Sectorです。この計画は日本の官民が一体となって策定され、ミャンマーにおける保険セクターの発展に貢献し、両国間の関係をより強固なものにすることを目的としています。計画の内容は、責任準備金の積み立てに関するルール整備の支援、金融庁の「グローバル金融連携センター」での研修生受け入れ、保険料率の検証に向けたデータ収集等となっています。

ミャンマーでは1962年の軍事クーデターとそれに伴う社会主義化の結果、ミャンマー保険公社が市場を独占するようになり、2012年までその状況が続きました。2012年、ミャンマー保険公社の独占を廃止し、民間業者に市場を開放することが発表されました。2013年からは、国内資本の複数の民間保険会社にライセンスが交付され始めました。外資企業に関しては、その後、経済特区内でのみ、営業が認められるようになりました。

今後、日本の支援により、どのような変化がミャンマーの保険市場に生まれるのかが注目されています。

 

 

東京コンサルティングファーム  ミャンマー拠点

大月健翔(Otsuki Kento)

Mail:otsuki.kento@tokyoconsultinggroup.com

 

【WIKI-INVESTMENTのご紹介】

待望のデータベース化を実現!!『WIKI-INVESTMENT』オープン

 

これまで多くの企業様にご愛読いただいた弊社『海外投資の赤本』シリーズ計14冊24カ国(合計金額101,706円相当)の内容が、さらにマレーシア・アフリカ諸国のコンテンツも加わり、データベースに生まれ変わりました。

 

本データベース『WIKI-INVESTMENT』のオープンを記念しまして、今なら各国の2章分(第1章と第2章)を登録不要でお試しいただけます(もちろん無料です)。さらに、すべての内容を一度見たいという声に応えまして、無料会員登録をしていただきますと、24時間で掲載30か国のすべての情報を閲覧することが可能です。

 

無料登録は、下記のURLよりたった1分で可能です。

http://wiki-investment.com/

(なお、閲覧する際は、PCでの利用をお願いします。)

 

コンテンツに関することは、メールで無料問い合わせが可能です!!!

(個別、具体的案件に関する質問は、別途、有料サービスも用意しております。)

 

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ミャンマーにおける教育制度... | トップ | ミャンマーにおける観光促進... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの投資環境・経済」カテゴリの最新記事