東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

Wiki-Investment

印紙税

2016年01月26日 | メキシコの税務

 

こんにちは、ミャンマー・ヤンゴン駐在員の黒田 真理(くろだ まり)です。

 

先週、弊社事務所があるBahan Townshipでは3日間にわたって断水がありました。

地区によって断水があったところとなかったところがあるようですが、

ヤンゴンにお住いの方、被害はなかったでしょうか。

1日中断水となると結構大変な1日になると気づかされました。

 

今回は、印紙税についてお話しをさせて頂きます。

 

2014-2015のアセスメントでは、印紙税について指摘がある企業が多かったと聞いております。

印紙税とは、ミャンマーでは賃貸契約書やサービス契約書を、

サービスを提供する側とされる側で結ぶ際に納税する税金です。

 

特に、印紙税に関するペナルティは、支払い額の10倍となってしまう為、

賃貸契約書等の印紙税でペナルティを取られてしまうと高額になります。

最近のアナウンスでは、過去分の印紙税未納分に関しては、ペナルティなしで

過去を遡って納税ができると言われているようです。

※本件、政府との契約に関してとの契約書と言われましたが、プライベート企業間での契約書についても可能との説明があったようで、弊社でも確認をしております。

 

納税の仕方に関しては、個人所得税支払いのように、

1度税務署にて支払い額を確認し、納税書を受け取ります。

その後、銀行にて納税書にかかれている納税額の支払いを行い、

また税務署にて納税証明書を提出した上で、収入印紙を相当額分契約書に貼ってもらいます。

日本とは異なり、収入印紙を貼るまでが長いプロセスになります。

 

 

弊社では、進出前のFS調査から、会社設立、会計・事務、労務など進出に係るサポートを一貫してご提供しております。設立、設立後についてご質問やご不安などございましたら、お気軽に、下記までご連絡頂ければと思います。

 

 

Tokyo Consulting Firm Co., Ltd (ミャンマー)

ヤンゴン駐在員

黒田 真理


 

※)記載しました内容は、作成移転で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください


Japanese imigration to Mexico's field

2016年01月25日 | お知らせ

Hola a Todos!

This is Augusto Corallo from Mexico City.

Japanese immigration to Mexico began in the late 19th century, to found coffee growing plantations in the state of Chiapas. Mostly due to Japanese companies investing in Mexico and sending over skilled employees.

Due to the increase of Japanese people in country side of Mexico, The Japan Consulate has opened a new consulate general in central Mexico, where an increasing number of Japanese companies are operating.

Currently, there are an estimated 28,100 people who are Japanese or of Japanese descent in Mexico including a recent migration of young Japanese artists into the country who have found more opportunity there than in their home country. It is the fourth largest Japanese community in Latin America.


 


Japan interested in Mexico's agriculture

2016年01月18日 | お知らせ

Hola a Todos!

This is Augusto Corallo from Mexico City.

The Japanese are not only interested in the automotive sector in country side of Mexico; they're also interested in its agriculture.

They need to purchase our field products, pigs, beef, and especially berries (...) now, after the signing of the TPP, there will be a much more interesting framework to offer our products. It is time to understand the market.

During the opening of the twentieth edition of Agrifood Expo Irapuato 2015, Governor has stated that Asian countries, such as Japan, were interested in the farm products produced by the state.

Japan is importing many Mexican products, such as mangoes, limes, grapes, beef, pork, blueberries, among others. The state of Guanajuato is exporting asparagus, broccoli, frozen fruits and vegetables, and sesame there. There is a lot of potential.

Recently, the director of Economic Development of Mexico Irapuato city stated  that last week 12 Japanese companies had visited the Municipality because they might start working there in 2016.

Last days there were a visit of two Japanese journalists, Hironori Ozawa, from The Japan Food Journal , and Isao Yoshizawa, from The Food & Beverage Journal, who were in the state to meet with different producers and promote the potential of Guanajuato in the agricultural sector.



 


2016年の最低賃金について

2016年01月18日 | メキシコの投資環境・経済

 

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はメキシコの2016年の最低賃金について記載します。

 

 

質問)

毎年メキシコの最低賃金は変更されると聞きましたが、2016年の最低賃金はどのくらいでしょうか。

 

回答)

メキシコの最低賃金は、全国最低賃金委員会(CONASAMI :El Consejo de Representantes de la Comisión Nacional de los Salarios Mínimos)の決定を受け、毎年12月に発表され、翌年1月1日から適用となります。2016年の最低賃金は、前年比4.2%UPの73.04メキシコペソ/日(地域A:メキシコシティ等の首都圏)です。

2015年度の最低賃金は、70.10メキシコペソ/日であり、2014年度からの上昇率は今回と同様に4.2%でした。過去5年間を振返っても平均して4.2%の上昇率を示しており、安定した数値となっています。


 


Mexico heavy vehicles, international Trade Market

2016年01月11日 | お知らせ

Hola a Todos!

This is Augusto Corallo from Mexico City.

Concerning heavy vehicles, Mexico was the leading supplier of commercial vehicles to the United States. Mexico had an 85% share of imports value to the United States in the commercial vehicle segment, exceeding Canada in that year.

Mexico is the world’s eighth car, truck, part and component producer. It’s main export market is still the United States, even when in recent years, several markets, such as many Latin American countries, have increased their share in Mexican exports.

The Automotive and auto-part sectors in Mexico accounted for 20.8% of total foreign direct investment (FDI)3. This reiterates the country’s appeal as one of the sector’s investment destination.
Investments announced between 1999 and 2013 by automaking companies established in Mexico reached more than 30 billion dollars, with the leading investors being General Motors, Chrysler, Daimler, Ford, Volkswagen, , Nissan and Mazda3.

The automotive and autoparts sector in Mexico has been driven by the productive presence of the top ten (light and heavy) vehicle assembly companies in the world, such as General Motors, Ford, Chrysler, Volkswagen, Nissan, Honda, BMW, Toyota, Volvo and Mercedes-Benz.

Most of the assembly companies in Mexico have autoparts companies located around their vehicle plants to comply with supply and delivery deadlines.