東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

輸入業者からのFcturaについて

2017年12月04日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの渡辺 寛です。

今週は輸入業者からのFcturaについて紹介します。

 

質問)

輸入業者からのFcturaは、1回分の仕入に対しページ数が多いのですが、

これにはどういった理由があり、何が記載されているのでしょうか。

 

 

回答)

輸入業者に対して多くの場合、前払いが発生致します。

それがAnticipo a proveedoresという勘定科目になるのですが、通称IVA pedimentoと

呼ばれます。

輸入業者のFacturaのページ数が多いのは、このPedimentoと呼ばれる様々な情報

(関税や輸入番号など)を記載する義務があるためです。

またこのIVA pedimentoの前払金が、実際に出荷されるまでの仕訳プロセスは、下記のようになります。

 

・輸入業者に対する前払を支払った時

1  Anticipo a proveedores    /   Bank

Iva pedimento

 

・輸入物が発送された後に、改めてFacturaが発行される

2  Gastos de importación  /   Anticipo a proveedores

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« Declaracion Informativa sob... | トップ | 用紙のサイズについて »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事