東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

2018年のUMAとその影響について

2018年03月05日 | メキシコの会計

東京コンサルティングファームメキシコの渡辺 寛です。

今週は、早速INEGIで発表されたUMAについてご紹介します。

 

 

質問)

今年のUMAの設定値とその影響について教えてください。

 

回答)

今年のUMAは、2月1日にINEGI及びSATで公表され日割りで80.60となっており過去3年間で見ると下記のようになります。

 

 

日割

月割

年割

2016年

73.04

2,220.42

26,645.04

2017年

75.49

2,294.90

27,538.80

2018年

80.60

2,450.24

29,402.88

 

UMAの計算は最低賃金なども考慮され毎年計算されています。

 

UMAが昨年に比べ上がっていることにより、会社負担の社会保険の金額が、増えることになります。また住宅ローンなどにも影響があると考えられます。

今後もUMAは、上がっていくと考えられるため、早い段階での雇用の見直しから社会保険の見直しをすることをお勧め致します。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輸入業者登録におけるFIELに... | トップ | 固定資産の売却について »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事