東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

Viaticosについて

2018年05月28日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの渡辺 寛です。

今週はViaticosについてご紹介します。

 

質問)

PLにViaticos de Viajeという勘定科目があります。

おそらく交通費だと思うのですが、普通の旅費交通費(Gastos de Viaje)とは何が違うのでしょうか。

 

回答)

両方とも同じ交通費ですが、Viaticosは、従業員に対する仮払費用を意味しております。

 

具体的な計上方法は、下記の通りです。

 

①  会社が、従業員に対し費用(経費)の仮払を行う

 

仮払費用(Viaticos)   2,000  /  現金  2,000

 

②  従業員の経費精算(800は交通費でFacturaがある。残り1,000は、Facturaがない)

 

交通費(Viaticos de Viaje)  800  /  仮払費用  1,800

損金不算入費用             400

給与                       600

 

③  仮払費用の残金を精算

 

現金                   200     /   仮払費用   200

 

 

②の交通費が、ご質問にありましたViaticos de Viajeにあたります。

この従業員への仮払費用の制度には注意点が二つあります。

 

1)証憑がなく損金不算入費用として計上する場合、①の仮払費用にたいして20%までしか損金不算入費用として計上できず、残りは、従業員の給与としてみなされます。

そのため従業員にとっては、給与税や個人所得税が増えることになります。

2)③の仮払費用を精算する場合は、銀行取引で行う必要があります。しっかりと従業員から現金手渡しではなく口座振り込みで現金を受領する必要があります。

 

 渡辺 寛

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Copia certificadaについて | トップ | 保有在庫の廃棄について »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事