東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

会計データの確認方法③について

2018年10月22日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

 

東京コンサルティングファームメキシコの藤田大です。

 

今週は会計データの確認方法③について記載します。

 

 

質問)

初めまして。メキシコに赴任したばかりなのですが、

法人の入出金状況を本社側に報告しなければなりません。

 

月中の費用類はFactura、領収書等の証憑をまとめているのですが、

入出金状況と照らし合わせるには、会計データをどのようにいればよいのでしょうか。

資料のスペイン語名も分からず、困っております。

 

教えていただく事は可能でしょうか。

 

 

回答)

会計データと資料の関連性について、ご回答させて頂きます。

先ずは、スペイン語版の会計用語についてですが、当社の別日のブログをご参照ください。以下に該当ブログのURLを記載します。

https://blog.goo.ne.jp/tcg-mexico/e/e977e1b83f9f279cdf530e4ac8a12c9f 

 

また、前回のブログ「会計データの確認方法②」も併せてご確認ください。

 

会計データから口座の入出金を確認する場合、

手順は以下のようになります。

①  試算表(Balanza de Comprobacion)を確認

②  総勘定元帳(A uxiliares)を確認

③  仕訳日記帳(Diarios)を確認

④  証憑(Facruta等)との照合

 

今週は、③の仕訳日記帳(Diarios)について記載します。

 

仕訳日記帳では、

計上数値を仕訳ベースで確認できる資料です。

 

仕訳日記帳(Diarios)を会計データから出力すると、

画像のような形式になります。※会計ソフトの種類によって多少異なります。

 

 

仕訳日記帳では、総勘定元帳で確認した科目の詳細を確認する事が出来ます。

 

例えば、出金に対する会計計上の内容を確認したい場合、

画像の黄色箇所と、青色箇所を見ます。

 

さらに注意すべき点としては、

画像の例で、内容を確認した際に「Gastos no deducibles」という項目があった場合です。

 

これは「損金不算入」の項目であり、税務計算上、経費として控除する事が出来ません。

よって、何故「損金不算入」となっているのか、原因を確認する必要があります。

 

仕訳の詳細を確認する為には、

「証憑(Facruta等)」を確認する必要があります。

 

次週は、その「④証憑(Facruta等)との照合」の確認方法について紹介していきます。

 

 

株式会社東京コンサルティングファーム

メキシコ拠点

藤田大

 

 

 

 

 

 


※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 会計データの確認方法②について | トップ | メキシコにおける事業開始時... »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事