東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

取締役と監査役の任期について

2018年03月12日 | メキシコの法務

皆さん、こんにちは。

 

東京コンサルティングファームメキシコの藤田大です。

今週は取締役と監査役の任期について記載します。

 

質問)

 

メキシコにおける取締役と監査役の任期はそれぞれ何年でしょうか?

1年という噂を聞きましたが、継続して着任する事は可能でしょうか?

 

回答)

 

メキシコでは、「取締役」「監査役」共に「任期」としては定められていません。

しかし、通常年次株主総会で更新の有無を毎年決議する必要があります。

 

そのため、結果として1年で継続or変更を決めなければいけません。

継続を選択した場合、継続的に同じ人物が役職に就く事が可能となります。

 

 

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 増資時における必要な申請に... | トップ | 無償提供された資産の会計処... »
最近の画像もっと見る

メキシコの法務」カテゴリの最新記事