東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

定款内容について

2017年05月08日 | メキシコの法務

こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの濱咲克心です。

今週は定款内容について記載します。

 

質問)

メキシコ法人設立のため、定款を作成すると思いますが、その主な内容はどのようなものなのでしょうか。

 

 

回答)

定款は会社設立公正証書の中核をなすものであり、下記の基本的事項により作成することとされています。設立時の関連人事を決定していれば、2~3週間程度で作成することができます。

 

・会社の国籍および本店所在地

・会社の目的

・会社の社号または名称

・会社の存続期間

・会社の資本金の額

・各株主が現金およびその他の財産で出資する旨、出資財産に付与される価額および、その他の評価の基準、また、可変資本会社の場合には、確定最低資本および可変である旨

・会社の住所

・就業規則および取締役の権限

・取締役の任命権や会社を代表して署名をする者の指名権

・会社を構成する者で利益分配に取るべき方法

・準備金の額

・会社の存続期間以外の解散条件

・会社の清算手続規定または、清算人が事前に任命されていない場合の清算人の選任規定

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 非課税福利厚生費の損金不算... | トップ | 特別株主総会について »
最近の画像もっと見る

メキシコの法務」カテゴリの最新記事