東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

当局へのペナルティについて

2018年04月09日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの渡辺 寛です。

今週はメキシコ当局へのペナルティについてご紹介します。

 

質問)

今月の税金の納付が、少し遅れてしまいました。

税金の再計算を行い、納税しようとしたのですが、ペナルティ(Recarga)が昨年よりも多くなった気がします。昨年よりも多くなっているのでしょうか。またどのような計算なのでしょうか。

 

回答)

昨年よりも多いと感じるのは、2018年になりペナルティに関する計算の率が高くなったことからだと考えられます。

2017年は、1.17%でしたが、2018年からは、1.47%となりました。

また具体的な計算方法は、下記の通りです。

 

納付額 × 1.47%(ペナルティ率) + インフレ調整率

 

インフレ調整率によっても変動するので、注意が必要です。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SAT上の通関士の登録状況 | トップ | 固定資産の計上について »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事