東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

FMMの紛失時の対応ついて

2018年02月05日 | メキシコの労務

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はFMM紛失時の対応について記載します。

 

 

質問)

 メキシコ国外でのVISA面接を終え、VISAを保有した状態でメキシコへ来ました。入国する際にイミグレーションで記入したFMM(ORMA MIGRATORIA MULTIPLE【数次入国フォーム】)の控えを受取りましたが、在留カードの手続を行う前にFMMを紛失してしまいました。

 在留カードの申請にはFMMの控えが必要と言われているのですが、どうすればよいでしょうか。

 

 

回答)

 今回のようなケースでは、警察にFMMの紛失届出して紛失証明を発行してもらい、その証明書を持って、イミグレーションにて在留カードの申請が可能となります。ただし、この場合、通常の手続よりも多くの時間がかかると共に、紛失理由等を口頭で説明をしなければなりません。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« メキシコへの送金について | トップ | 定年退職時の解雇補償金の支... »
最近の画像もっと見る

メキシコの労務」カテゴリの最新記事