東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

増資時における必要な申請について

2018年03月12日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの渡辺 寛です。

今週は増資時における必要な申請についてご紹介します。

 

 

質問)

メキシコでは、増資後にRNIEもしくはSATに増資した事を伝えるため、申請が必要とお伺いしたのですが、弊社は申請が必要でしょうか。

弊社の増資金額は、1,900,000.00MXNになります。

 

回答)

RNIEについては必要ないと判断できますが、上記の情報からではSATについての申請が必要かについて判断が出来ません。

 

下記にてそれぞれの必要条件を記載させて頂きます。

 

RNIE

・増資金額が20,000,000.00MXN以上の場合

 

SAT

・増資時のお取引が、600,000.00MXN以上が現金振込であった場合

(LISR、76条16項)

銀行取引の場合、金額関係なくSATへの申請は不必要となります。

従いましてご質問に記載されている1,900,000.00MXNがどのように振り込まれたのかが重要となります。

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雇用における試用期間につい... | トップ | 取締役と監査役の任期について »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事