東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

SAT上の通関士の登録状況

2018年04月09日 | メキシコの投資環境・経済

こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの田村彩紀です。

今週は、SAT上の通関士の登録状況に関して記載をいたします。

 

 

質問)

 貴社(TCF)に依頼させていただきました、SATのウエブサイト上の通関士の登録で、以前、弊社の各通関士の登録状況には、「承認(Aceptado)」と「保留中(Pendiente)」の2種類があるとお聞きいたしました。貴社での手続き事項はすでに終わったとのことなのですが、「保留中」から「承認」となるためには、何を行うべきか、ご教授いただけますでしょうか。

 

回答)

 「保留中」から「承認」となるためには、「保留中」のままである、通関士自身が、SATのサイトに入り、「承認」ボタンを押すことが必要となります。

なお、通関士によっては、実際に、商材や商品が港に輸入されてから、「承認」ボタンを押すという事例も多くあるとのことでございます。

 状況確認のため、貴社にてご利用の、通関士と直接やりとりのありますブローカー様に問い合わせていただき、かつ、実際に商材や商品を港に入れるというところまでは行う、というのが良いと考えられます。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ビザの手続~雇用条件の確認~ | トップ | 当局へのペナルティについて »
最近の画像もっと見る

メキシコの投資環境・経済」カテゴリの最新記事