東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

FMMの滞在日数180日について

2018年01月01日 | メキシコの労務

こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの田村彩紀です。

今週は、FMMの滞在日数180日に関して記載をいたします。

 

 

質問)

弊社の日本人従業員が出張ベースでメキシコに来ており、ここ1年間のメキシコの滞在日数が180日を超えてしまうこととなりそうです。この場合、滞在日数180日という決まりに反してしまうのでしょうか。

 

回答)

まず、FMMとはLa Forma Migratoria Múltipleの略称であり、日本のパスポートを持っている方であれば、このFMMというカードを入国時に記載することにより、メキシコにて180日間の滞在が可能となります。

なお、この滞在日数は、メキシコに出国するたびにリセットされるものとなりますので、1年間の間に数回に分けてメキシコに滞在している中でも180日の滞在日数ということであれば、問題ございません。

 

なお、日本のパスポート所有者以外にも、下記のURLに記載されている国のパスポートをお持ちの方は同様に、FMMというカードにて入国し、最長180日、滞在することが可能となります。

https://consulmex.sre.gob.mx/montreal/index.php/es/mexicanos/pensionistas/7-servicios-consulares/servicios-a-extranjeros/159-turistasnuevoesp

 

ご参考にいただけますと幸いです。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 申告納付期限について | トップ | 転職時の手続き3について »
最近の画像もっと見る

メキシコの労務」カテゴリの最新記事