東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

メキシコ支店での納税について

2018年09月17日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

 

東京コンサルティングファームメキシコの藤田大です。

 

今週はメキシコ支店での納税について記載します。

 

 

質問)

メキシコに支店設立を検討しています。

支店は外国法人に当たると思いますが、納税は本店、支店どちらで実施するのでしょうか。

 

 

回答)

メキシコにおける外国法人として支店設立をした場合、支店から納税を実施する必要があります。

外資法17条「メキシコ国内において常態で商行為を行おうとする外国法人」の規定にあるように、メキシコ国内を源泉対象として所得が発生します。

税法上は非居住者に該当し、メキシコ国内で発生した所得に対して課税されます。

 

ただし、以下の要件を満たす企業については、外国法人ではありますが、税務上は居住企業としてメキシコ国内において課税されます。

 

・売上高の50%以上がメキシコにおいて生じている企業

・主要な活動場所がメキシコである企業

 

その他の場合であっても、メキシコ国内において当該企業を実質的に管理していると認められる場合には、メキシコの居住企業とみなされます。

この居住企業については、財務省の規則に多くの附則が定められていますが、当該企業のマネジメントを行う者がメキシコにおいて税務登録されている場合や、メキシコに事務所を有している場合には、居住企業と認められる可能性が高くなります。

 

 

藤田大

 

 

 

 


※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 従業員の給与の支給について | トップ | 外注契約を結ぶ上での留意点 »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事