東京コンサルティンググループ・マレーシアブログ

毎週月曜日更新
東京コンサルティンググループ・マレーシア駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

Wiki-Investment

給与前貸しに利子はつけられるのかについて

2016-06-27 10:56:19 | マレーシア労務

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。
Q  従業員が前借りをした金額に対して、利子をつけ従業員から利子を請求することは可能でしょうか。
A  マレーシアの労働法では、この利子を取ることを禁止しております。ただし、下記二つの書面があった場合は、その限りではありません。
1. 従業員との同意書
2. 労働局の許可書

現実的には、2番を取ることが非常に難しく、ほぼ不可能という認識を持っておかれた方が良いかと思います。
 

ご不明な点がございましたら、気兼ねなくご連絡くださいませ。
Tokyo Consulting Firm Sdn. Bhd.
Managing Director
藤井 大輔 (ふじい だいすけ)
TEL: +603-2092-9547 / E-MAIL: fujii.daisuke@tokyoconsultinggroup.com
Mob: +60-11-3568-4629


 

コメント

~給与前貸しの上限額について~

2016-06-20 10:34:30 | マレーシア労務

  お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。

Q  従業員が給与の前借りをしたいと伝えてきており、何ヶ月分かを貸し、毎月の給与から引いていこうと考えていますが、何か注意しておくことはありますでしょうか。

A  労働法では、基本1ヶ月分の給与の前借りしか認めていません。ただし、下記理由に基づくものであれば、上限を設けなくても良いとされております。

  1. 家や車を買う場合。
  2. 家族の医療費を支払う場合。
  3. 教育費を支払う場合。
  4. 労働局が認めたもの

また、最大限注意しておくものは、やはり書面にてどのように給与から天引きをするのか、退職した場合には残額の全額返金を義務付けるなどの項目を決め、従業員の署名をもらい、同意を取ることを忘れてはいけません。もし書面が残っていな場合、未払い額が残っていた場合にもめます。

 

ご不明な点がございましたら、気兼ねなくご連絡くださいませ。

Tokyo Consulting Firm Sdn. Bhd.

Managing Director

藤井 大輔 (ふじい だいすけ)

TEL: +603-2092-9547 / E-MAIL: fujii.daisuke@tokyoconsultinggroup.com

Mob: +60-11-3568-4629

 


 

コメント

残業代過剰支払分の控除について

2016-06-13 14:01:47 | マレーシア労務

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。

Q  残業代の計算をミスしてしまい、予定額よりも多めに支払いを行ってしまいました。多めに支払った部分を翌月分に控除することはできるのでしょうか。

A  マレーシア労働法の第24条で控除は可能であるということは認められています。ただし、時間的制限があるので注意してください。多めの支払いがされた月から、3ヶ月以内に行わなければ、控除は認められておりません。例を示しますと、残業を多めに支払った月を4月とすれば、控除が可能な月は、6月となります。7月以降に控除する場合は、この4月分は控除できません。また、残業代に対する控除が可能なのは、雇用主の計算ミスであることが必要です。それ以外での控除は原則認められておりません。

 

ご不明な点がございましたら、気兼ねなくご連絡くださいませ。

 

Tokyo Consulting Firm Sdn. Bhd.

Managing Director

藤井 大輔 (ふじい だいすけ)

TEL: +603-2092-9547 / E-MAIL: fujii.daisuke@tokyoconsultinggroup.com

Mob: +60-11-3568-4629

 


 

コメント

給与の支払い期間について

2016-06-06 10:43:16 | マレーシア労務

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。

 Q マレーシアはでは、従業員に対して給与を支払う際に何か取り決めなどはありますか。例えば、現金での支給が可能など。

A  マレーシアでは、給与の支払いについては、2012年の労働法改正により、銀行振込が義務付けられております。ただし、従業員からのリクセストがあった場合は、この限りではありません。その際は、小切手での支給も可能となります。銀行振込を義務付けた背景は、給与の支払いをBank Statementなどに記録として残すことができますので、未払いなどの問題を防ぐ目的があります。

また、従業員と同意した場合でも、社内でしっかりと支払った記録をつけていくことを勧めます。もし記録が抜けた場合、未払いとして訴えられれば、負ける可能性も出てしまいます。

また、給与の支払いは、締め日から7日以内に支給しないといけないということも労働法で定められておりますので、ご注意ください。

この7日は、営業日ではないため、休日も含まれることに注意が必要です。

 

ご不明な点がございましたら、気兼ねなくご連絡くださいませ。

Tokyo Consulting Firm Sdn. Bhd. Managing Director

藤井 大輔 (ふじい だいすけ)

TEL: +603-2092-9547

 E-MAIL: fujii.daisuke@tokyoconsultinggroup.com Mob: +60-11-3568-4629


 

コメント