東京コンサルティンググループ・マレーシアブログ

毎週月曜日更新
東京コンサルティンググループ・マレーシア駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

Wiki-Investment

2015年4月1日前に結ばれた契約のGST処理について

2015-09-28 11:23:50 | マレーシア税務

 2015年4月1日前に結ばれた契約のGST処理について (About GST related to contract before 1st April 2015)

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。今週のブログは、2015年4月1日前に結ばれた契約のGST処理について書いていきたいと思います。

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd. I am writing something about “About GST related to contract before 1st April 2015”.

 

Q マレーシアでは、2015年4月1日からGSTが結ばれておりますが、2014年9月1日前に契約が決まり、毎月一定額を支払っています。契約書にGSTについての記載はありませんが、2015年4月1日以降分についてはGSTも合わせて支払うべきなのでしょうか。

 

Q In Malaysia, our company made a contract 1st September 2014. We paid monthly. In the absence of a clause in a contract, shall we pay GST after 1st April 2015?

 

A 結論を申し上げますと、2015年4月1日以降分については、契約書にそれらに該当する記述がなかったとしても、支払雨義務が発生すると思われます。その理由は、やはり税務局は、契約はGST施行前(2015/4/1前)でも、行われたサービスの実態は、GST施行後ですので、GSTを支払わなければならないという見解を示します。仮に、全額を全てGST施行前に払った場合も、サービスはGST施行後にも行われているため、その分の支払も要求される恐れが出てまいります。こちらに該当する法律はGST法第188条に記載がなされています。

下記では、全額支払った場合の課税金額算出方法についての例を示します。

 

例)契約金500,000RM(一年契約)を10月1日に一括で支払った場合。

 

10月1日〜3月31日(6ヶ月分)は非課税

500,000RM×6/12=250,000RM

 

4月1日~9月31日(6ヶ月)は課税対象

250,000RM×6%(GST)=15,000RM

 

※  実際の実務では、日割り計算で行うのが通例ですが、ここでは計算をしやすくするために、月単位で計算をしました。

 

A I our conclusion, payment after 1st April 2015 will be taxable with out a clause in contract. Because Tax authority seems this service served after 1st April 2015. Making a contract was before at April 2015, however company will take this service after 1st April 2015. If this company paid whole amount of contract before 1st April 2015, I think the service after 1st April 2015 will be taxable with same reason. You can see the 188 of GST act to understand by yourself.

 

I put sample of calculation of amount of GST as below.

 

Example) in the whole payment (500,000RM) at 1st October 2014

 

From 1st October 2014 to 31th March 2015

This period is not taxable. So 250,000RM is not taxable.

500,000RM*1/2=250,000RM

 

From 1st April 2015 to 31th September 2015.

This period is taxable. So 250,000RM is taxable.

250,000RM*6%(GST) = 15,000RM

 

※In general, we calculate GST based on the days. But, in this blog, I calculated based on only months to explain easier.

 

それでは良い週を!

See you next week!

 

 

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

国際事業部 マレーシア

藤井大輔

TEL: +603-2092-9547 

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd

Address: Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

Department: International Department in Malaysia Branch

Name: Daisuke Fujii

TEL: +603-2092-9547

 
 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

GST取引に関する請求書について (About Tax invoice related to GST transaction)

2015-09-14 15:41:40 | マレーシア税務

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。今週のブログは、GST取引に関する請求書の注意点を書いていきたいと思います。

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd. I am writing something about “Point of Tax invoice related to GST transaction”.

 

Q GSTに登録をしました。請求書を作成するにあたり、何か加えなければならない情報等はございますか。

 

Q Our company just registered GST number. Is there any requirement information to be put in tax invoice?

 

A 請求書に載せなければならない情報は幾つかございます。下記にて列記いたしますのでご参照ください。また、最後にはサンプルの請求書も添付しておりますので、ご参照ください。

 

  1. Tax invoiceという言葉
  2. 請求書番号
  3. 請求書発行日
  4. 請求書発行の会社名(もしくは個人名)、住所、GST登録番号、電話番号
  5. 請求書送付先の会社名(もしくは個人名)、住所
  6. 商品名(もしくはサービス内容)、量、金額
  7. 合計金額
  8. 課税GST総額
  9. 合計金額(GST額を含んだもの)

 

A Yes, off course. I am writing some requirements information as below to be put in Tax invoice and I attached the sample of Tax invoice at the last. Please see and refer to it.

 

  1. The name of “Tax invoice”
  2. Invoice number
  3. Issued date
  4. Company name (or Person name), Address, GST registration number and Telephone number. All information is related to the company will issue the tax invoice.
  5. Company name (or Person name), and Address All information is related to the company receive the tax invoice.
  6. Supply name (or Service name), Quantity and Amount of total.
  7. Total amount
  8. Total chargeable GST amount
  9. Total chargeable amount including GST

 

 

 

それでは良い週を!

Have a nice week!

 

【お知らせ】

現地駐在員によるマレーシアIT企業進出セミナー開催

《東京》2015年10月1日(木) 開催!

時間:19:00~21:00 開場 18:30

会場

東京コンサルティンググループ 東京本社 オープンフロア

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-3 AMビルディング7階

地図

費用:2,000円(※当日現金でお釣りのないようにお持ち下さい。)

※当日個別の相談も承ります。詳しくは弊社までお問い合わせください。

参加ご希望の方は、下の問い合わせフォームよりお申込みください。

セミナー名には以下の通りご明記ください。

「IT企業向けマレーシア進出セミナー」(東京、10/1)

詳細はこちらからご確認ください。

http://www.kuno-cpa.co.jp/seminar/9/24.php

 

 

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

国際事業部 マレーシア

藤井大輔

TEL: +603-2092-9547 

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd

Address: Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

Department: International Department in Malaysia Branch

Name: Daisuke Fujii

TEL: +603-2092-9547

 

 

 

 


 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

GSTの国外取引の処理について(About GST for the contract with a company out side Malaysia)

2015-09-07 21:02:59 | マレーシア税務

 

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。今週のブログは、GSTの国外取引での処理について書いていきたいと思います。

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd. I am writing something about “GST for the contract with a company out side Malaysia” in this blog, Please read it if you have a time.

 

Q マレーシアの企業にコンサルティング名目として支払いをしているのですが、その請求書にGSTが加算されて請求をされています。これは、支払うべきなのでしょうか。

 

Q Our company pays the consulting fee to Malaysian company in Malaysia. They charged the fixed fee including GST. Shall we pay the fixed fee including GST or the fixed fee?

 

A 結論から申し上げますと、GSTを支払う必要はないかと思います。なぜかと申し上げますと、GST Act 2014の第17条にゼロ取引(GSTがかからない取引)について、サービスや商品が提供される会社がマレーシア国外にある場合は、免除となる記載が書かれています。ただ、気をつけて欲しいのが、このサービスや商品が直接的、ないしは間接的にマレーシア国内で提供されていると判断された場合は、GSTの課税対象となります。

 

例えば、何か携帯アプリ製作を委託し、それを受け取り、対価を払うとします。そのアプリがと仮にマレーシア内で無料でも提供されている可能性があった場合は、間接的にもマレーシアで商業取引をしているとみなされ、本請求も課税対象となる可能性があります。

 

A In conclusion, there is no requirement to pay GST. The reason why you do not need to pay is that this transaction is seemed as “Zero-related supply”. “Zero-related supply” means that the transaction would not be imposed GST. You can see the detail of “Zero-related supply” in this website.

 

 

 

http://gstmalaysiainfo.com/gst-list-zero-rated-exempted-relief/#Exempt

 

However, if this transaction is done in Malaysia directly or indirectly, there is a possibility to pay GST.

 

For example, your company entrust making mobile application to the company in Malaysia and this company in Malaysia give this application to other company or do commercial business related to this application, I think there is a possibility of charging GST in this invoice between your company and this company in Malaysia.

 

それでは良い週を!

Have a nice week!

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

国際事業部 マレーシア

藤井大輔

TEL: +603-2092-9547 

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd

Address: Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

Department: International Department in Malaysia Branch

Name: Daisuke Fujii

TEL: +603-2092-9547

 


 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメント

CIDBライセンス取得について(About CIDB License)

2015-09-04 17:14:05 | マレーシア法務

 

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。今週のブログは、CIDBライセンスについて書いていきたいと思います。

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd. I am writing something about “CIDB License” in this blog, Please read it if you have a time.

 

マレーシアでは、大型ショッピングモールの建設やコンドミニアムの建設など、まだ多くの案件があり、それに付随した事業を受注し、進出を考えている日本企業や外国企業があります。ここでは、外国企業として、マレーシアで事業ができるようにするためのCIDBライセンスについて書きたいと思います。

In Malaysia, there are still many projects of construction of Mega-shopping malls and Condominiums. Many Japanese companies would like to set up a company and get a license of CIDB. In this blog, I am writing about CIDB for Foreign-constructor.

 

  1. 外国建設業者の定義

1. The definition of Foreign-constructor.

 

外国資本が30%以上の企業を示す。もちろん100%での保有も可能です。

Foreigners hold the capital of more than 30%. You can hold 100%.

 

  1. 外国建設業者の特徴

2. Characteristic of Foreign-constructor

基本的にライセンスは、期限が決められており、その期限切れ前に更新するのが一般的ですが、外国建設業者の場合は、プロジェクトごとでの申請が必要となります。

Government give you the limitation of term if they issue the license. In general, many companies shall renew this license before the termination. But, if Foreign-constructor, they shall renew by each project.

 

  1. 申請方法

3. How to apply

 

基本的には、下記の流れが一般的です。

This flow is general.

 

①   仮申請

②   現地法人設立

③   本申請

 

a)    Apply for “Provision Registration”

b)    Set up a company in Malaysia

c)    Apply for “Registration”

 

この仮申請は、受注前段階で申請できるもので、本申請完了の期間を短くできるものになります。

You can apply for “Provision Registration” before the establishment. Off course, you can skip this registration. This registration means that the term to get CIDB will be shortened.

 

  1. 申請時に必要な書類
  2. The requirement document

 

①   仮申請

 

a)    仮登録申請書

b)    顧客の紹介状

c)    会社案内(英文)

d)    会社実績

e)    日本側の銀行残高証明書

f)     現地赴任予定代表者の履歴書

g)    その他必要な書類

 

①   Provision Registration

 

a)    Application for Provision Registration

b)    Offer letter

c)    Company profile

d)    Actual record of company

e)    Bank certification of deposit

f)     Resume of the person who will become director of a company

g)    Other required documents

 

②   本申請

 

a)    本登録申請書

b)    請負契約書

c)    現地代表取締役のパスポートコピー

d)    現地代表取締役及び工事責任者のCIDB登録証明書

e)    着金証明書

f)     ライセンスに必要な工事人数の履歴書/卒業証明書/学位証明書

g)    SSMから発行される会社法的書類(Form9, 13, 24, 44, 49, M&A)

h)   その他必要書類

 

②   Application

 

a)    Application for Registration

b)    Contract

c)    A copy of Passport of director

d)    Certification of CIDB for director and authorized person in charge

e)    Certification of deposit

f)     Required person of resume/certification graduation/certification of degree

g)    Form 9, 13, 24, 44, 49, M&A issued by SSM

h)   Other required documents

 

申請〜取得までの期間は、仮申請で2週間、本申請で2ヶ月が目安となります。

The term is 2 weeks at “Provision Registration” stage. The term is about 2 months at “Registration” stage.

 

それでは良い週を!

Have a nice week!

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

国際事業部 マレーシア

藤井大輔

TEL: +603-2092-9547 

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd

Address: Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

Department: International Department in Malaysia Branch

Name: Daisuke Fujii

TEL: +603-2092-9547

 

【お知らせ】
現地駐在員によるマレーシアIT企業進出セミナー開催
《東京》2015年10月1日(木) 開催!
時間:19:00~21:00 開場 18:30
会場
東京コンサルティンググループ 東京本社 オープンフロア
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-3 AMビルディング7階
地図
費用:2,000円(※当日現金でお釣りのないようにお持ち下さい。)
※当日個別の相談も承ります。詳しくは弊社までお問い合わせください。
参加ご希望の方は、下の問い合わせフォームよりお申込みください。
セミナー名には以下の通りご明記ください。
「IT企業向けマレーシア進出セミナー」(東京、10/1)

 http://www.kuno-cpa.co.jp/seminar/9/24.php


 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント