東京コンサルティンググループ・マレーシアブログ

毎週月曜日更新
東京コンサルティンググループ・マレーシア駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

Wiki-Investment

マレーシアの解雇手順について(一般的)

2015-03-30 11:56:07 | マレーシア労務

 

こんにちは。東京コンサルティングファームの藤井です。今週はマレーシアでの一般的な解雇手続きについて書きたいと思います。

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm. In this blog, I would like to talk about the general disciplinary action flow.

 

マレーシアでは、解雇が非常に難しい環境であり、正当な手続きを踏んでいく必要があります。以下で一般的なフローではありますが、その概要について示していきたいと思います。

In Malaysia, it is too difficult for every company to dismissal their employees. The company shall comply with proper procedures. In this blog, I would like to tell you the general process of dismissal.

 

① 警告書の発行(Warning Letter)

①    Issuing the “Warning Letter”.

 

人事部ないしは総務部から、発生した問題に対して、警告書を出し、従業員に対して是正を促します。この書類は、従業員を解雇し、不当解雇として、万が一裁判所で争うことになったとしても解雇を正当化する裏付けとなる証拠の一つになります。

Administration or HR department shall issue “Warning Letter” to employee who fails to follow the company regulation to improve their act. In event that you are sued by the employee who say the illegal dismissal,  this letter is a one of the certification of dismissal. Please keep the original in the Company.

 

②    理由呈示命令書の発行

②  Issuing the “Statement of Reasons”.

 

この書類は中々聞き覚えがないかとは思われますが、警告書を発行した後も、当従業員が問題行動を是正しない場合、その行動を起こした理由を従業員から求める書類となります。これに対して、従業員は最大で3日以内にその理由と理由の正当化するものを記載して返答しなければなりません。この場合中しなければいけないのが、警告書送付後すぐに発行と言うわけにはいかず、多くの場合は2〜3回警告書を発行しても是正されない場合に、この手続きに入るのが一般的です。

This document shall be issued after issued “Warning Letter”. If employee do not follow the Warning Letter issued by the Company again and again (Twice or third time is general), Company have a right to issue this letter. Employee shall response to this letter in 3 days (Maximum) and shall write their reason no to follow the Warning Letter.

 

③    内部監査手続き

③ Internal Audit

 

マレーシアの解雇の難しさの要因の一つでもある内部監査。これは、以前に本ブログでさわり程度はお伝えさせていただきましたが、主には第三者の立ち位置にある方を任命し、進めていきます。この内部監査手続きというのは、査問会と呼ばれるものである。主なメンバー構成は以下の通りです。議長、検察官、秘書、出席者、懲戒対象従業員。ここで、従業員からの弁明を聞き、今までの警告書などをもとに、解雇をするのかしないのかの判断を下します。

Internal Audit is one of characteristic of Malaysia labor law. The Company shall make the committee. This committee shall be consisted of the Third person (Who is not relevant in this matter). The member of this committee is Chairman, Prosecutor, Secretary, Attendance and Employee (who do not follow the Warning Latter). This committee can decide to dismissal Employee or not.

 

④ 解雇

④  Dismissal

 

内部監査手続きで、解雇するに正当な理由があると認められた場合、企業はここで解雇に踏み切れます。

In the process of Internal Audit, if there is some certification of the reason to dismissal, the Company is able to dismissal Employee.

 

ここまでの手順をしっかりと踏み、解雇をした場合、万が一裁判所で不当解雇であると訴えられたとしても、負ける確率はぐっと低くなります。

 

There is a less possibility to be sued Company by Employee after the dismissal if Company make proper step.

 

ここでは大きく、手続き解雇の概要についてお話をしました。個別で、詳しいことをお聞きになりたい場合、私かお問い合わせフォームからお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

I just introduced you the general procedures of dismissal in this blog. If you have any questions, please send me an email or make a comment in this blog.

 

それでは今週も頑張って参りましょう!

 

Have a nice week!

 

解雇への手続きフロー(2段階)

General dismissal flow ( have two steps)

 

 

<第一段階>

<1st Step>

 

<第二段階>

<2nd Step>

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル7階

国際事業部

藤井大輔

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm

Address: 7th Floor, 2-5-3, Shinjyuku, Shinjyuku-ku, Tokyo

Department: International Department

Name: Daisuke Fujii

 


 

コメント

マレーシア月額納付(法人税)

2015-03-23 16:29:35 | マレーシア税務

こんにちは。東京コンサルティングファームの藤井です。今週はマレーシア独特の法人税の納付方法についてお話ししたいと思います。

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm. In this blog, I would like to talk about the monthly payment of corporate tax and calculation.

 

マレーシアでは、ASEANの他国と違い、見積で売り上げを計算し、それに基づいて法人税を納税するというシステムを取っています。ここからは、具体的にどのように計算をし、どのようなスケジュールで納付をしていくのかについて見ていきます。

 

In Malaysia, We have to calculate the estimated sales based on the next business plan. We pay the monthly tax based on this estimated sales in every month. From now, I would talk about the way to calculate the estimated sales, how to make the schedule of the payment.

 

・  大まかな流れ

The general flow

 

①  会計年度開始日の30日前までに内国歳入庁に見積もり納付額を提出

①   Submit the estimated corporate tax to the Inland Revenue Board of Malaysia (IRAM) before 30 days from the fiscal year.

 

こちらは、新規の事業計画を元に計算したものを内国歳入庁に提出をします。

ここで注意をしなければならないのは、適当に計算するということは避けたほうが良いということです。確定申告の際に実際に支払う納税と見積もり納税額の間に著しい差(マレーシア政府はこれを見積もり納税総額の30%以上の場合と設定)があった場合、罰則が与えられる可能性があります。

We submit the estimated corporate tax based on the calculation from the next business year’s plan. You do not do it any way you like. If in the event that there is a big difference (Over 30% from the estimated corporate tax) between the actual corporate tax and estimated corporate tax, You have to be punished.

 

 

②  会計年度の第2月から納税開始

② Start the payment from the second month of fiscal year.

 

こちらは、毎月10日までに納付をしなければなりません。この納付に遅れた場合、10%の罰則が与えられます。

You have to pay until 10th each month. If you pay late, you should pay 10% of the estimated corporate tax as penalty.

 

③  会計年度の第6月及び第9月に見積もり納税額の修正が可能。

③ You can revice the estimated corporate tax at the 6th and 9th of fiscall year.

 

会計年度を4月から3月に設定している場合、9月(第6月)及び12月(第9月)に変更が可能です。ただし、見積額の85%以下までの修正をすることは不可能です。

 

You set the fiscal year from April to March; you can revise at September (6th) and December (9th). However, it is impossible for you to revise under 85% of the estimated.

 

④  会計年度終了後、7ヶ月以内に確定申告

④ Pay the Actual corporate tax in 7 months after the fiscal year.

 

こちらは、会計年度終了の7ヶ月以内に内国歳入庁に確定申告を行い、納税をします。仮に、この納税が遅れた場合、30日以内であれば、10%。それ以降に関しては、各月5%ずつ上乗せされていきます。また、ここで気をつけなければいけないのが、見積もり納付額と実際に納付した額の差です。①でも書きましたが、30%以上の差がある場合、超過金に対して罰則が与えられます。具体的には、下記の計算方法で罰則金を決めていきます。

 

You pay the corporate tax in 7 months after fiscal year to IRBM. If you pay late, in 30days, you should pay 10% of the corporate tax. over 30days, you should pay additional 5% of corporate tax each month. I already told you that please take care about the difference between the actual corporate tax and the estimated corporate tax. Please refer to the method of calculation of punishment.

 

{(実際納付額—見積もり納付額)-(30%×実際納付額)}×10%

{(AC —EC)-(30%×AC)}×10%

AC: Actual corporate tax

EC: Estimated corporate tax

 

以下に大まかにまとめた図を添付しておりますので、ご参考まで。

I attached the schedule of payment of corporate tax. Please refer to it.

 

また新規に会社を設立した場合、すぐに見積もり納税が発生するわけではなく、営業開始後、6ヶ月後から始まります。その際。納税する期限は毎月15日となっています。罰則については例外がありませんのでご注意ください。

In the event that you set up a new company, you have to pay the estimated corporate tax after 6month from your starting business. However you take the same punishment.

 

それでは、今週も頑張って参りましょう。

I hope that this week is Good week to you.

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル7階

国際事業部

藤井大輔

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm

Address: 7th Floor, 2-5-3, Shinjyuku, Shinjyuku-ku, Tokyo

Department: International Department

Name: Daisuke Fujii

 

 

                         

 

コメント

マレーシア月額納付(GST)

2015-03-16 17:52:11 | マレーシア税務

こんにちは。東京コンサルティングファームの藤井です。今回もまた、GSTについて書きたいと思います。全2回と、概要から登録上の注意点をお話ししてまいりましたが、本日はGSTの課税点についてお話をして、GSTの話は終わりにしたいと思います。

 

・  課税点とは

 

物品・サービスの供給が行われた時点(課税取引がなされた時点)を意味し、課税業者がいつまでにTaxInvoiceを発行すべきか、また、いつまでにGSTの申告・納税をすべきかを把握する意味で、その理解が重要となります。

 

・  GSTの課税点

 

こちらは二つの方法があります。詳しくは下記の図をご覧ください。あくまで、毎月納付を前提とした売り上げ規模の場合(※毎月納付は売り上げ規模500万RM(約1億7千万)でございます)。

 

①  請求書発行日が出荷日から21日以内の場合

 

 

この図の通り、発行が出荷日から21日以内であれば、申告・納付期限は3月の末までとなります。

 

①  請求書発行日が出荷日から21以後の場合

 

この図の通り、こちらは請求書発行月に申告・納税をする義務が生じます。

 

・  納付遅延について

GSTの指定納付期限を過ぎた場合、当該納付額の5%の延滞税が課されます。さらに納付期限から60日を経過しても納付がなされない場合、毎月3%の延滞税が付加されます。ただし、罰則の合計税率は25%が上限となっています。

期限

罰則税率

30日以内

5%

30日から60日以内

10%

60日以降、毎30日

毎30日に3%

最大

25%

 

まだまだ導入初期で混乱する可能性が大いにあります。あるニュースによるとGST登録要件を満たしている会社で未だ半数以上が登録をしていなとの情報も上がっており、マレーシア政府が登録の取り締まりを強化に乗り出したとのことです。弊社では当然、このGSTの計算やGSTを計算〜納付までのプロセスを構築するお手伝いをさせていただいております。それ以外のことも気軽にお尋ねいただければと幸いです。

 

今週から徐々に気温も上がってまいりますが、元気に頑張っていきましょう!。

 

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル7階

国際事業部

藤井大輔

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm

Address: 7th Floor, 2-5-3, Shinjyuku, Shinjyuku-ku, Tokyo

Department: International Department

Name: Daisuke Fujii

 

 

                          

 

コメント

マレーシアのGSTについて

2015-03-09 15:30:40 | マレーシア税務

こんにちは。東京コンサルティングファームの藤井です。今回は、4月から施行されるGSTについてご紹介をしていきたいと思います。

 

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo consulting firm. In this blog, I would like to focus on GST started from 1st April 2015.

 

四月からGSTが導入され、実際に実施されていきますが、まず確認することは自社が登録するべきか、そうでないかということです。

 

From this April, Malaysia government will conduct GST. At first, you will have to check your firm whether is required to register or not.

 

<登録条件>

<Requirement>

 

売上高が50万RM以上(日本円約1,700万円)の会社

The firm that has over 500,000RM sales shall register for GST company.

 

この条件に当てはまる会社は、2014年12月31日までに登録をしなければなりません。時期は過ぎていますので、まだ未登録の会社は罰則を受けることとなります。※罰金については、下記の図をご参照ください。

If your firm sales have already been over 500,000RM, you shall register until 31th December 2014. In the case that you do not register until this deadline, you will pay some penalty.

遅延日数 罰金(リンギット)
1〜30日 1,500
31〜60日 3,000
61日〜90日 4,500
91日〜120日 6,000
121日〜150日 7,500
151日〜180日 9,000
181日〜210日 10,500
211日〜240日 12,000
241日〜270日 13,500
271日〜300日 15,000
301日〜330日 16,500
331日〜360日 18,000
360日以上 20,000

今後売上高が50万RMを超えそうな場合。

In the case that your sales will be over 500,000RM shortly.

 

この場合は、2つの方法のどちらかで登録を行います。

In this case, you will register in according two ways. You can choose which ways.

<過去の売上を計算する>

<Calculation of the previous sales>

マレーシア

<将来の売上を計算する>

<Calculation of future sales>

 マレーシア2

 

<登録後の納付について>

<Tax payment after registration>

 

こちらは、売上の規模に応じて、納税する期間も変わってまいります。

The termination of payment will be changed in according with the amount of sales.

 

・  売上が500万RM以上の場合

・  In the case that the amount of sales is over 5,000,000RM

 

毎月の納付が必要

You shall pay GST each month.

 

・  売上が500万RM以下の場合

・  In the case that the amount of sales is less 5,000,000RM

 

毎3ヶ月毎の納付が必要

You shall pay GST every 3 months

 

注意するべきところは、いつのタイミングでGST登録をするかの見定めであると思います。もし、はじめに50万の売上に達する見込みがあるのであれば、はじめに登録しておくことをお勧めします。

You have to have your attention to the amount of sales. There is a possibility of over 500,000RM; it is better to register when you start your company.

 

仮に、GST登録要件を満たしてはいませんが、自主的に登録する場合は、2年間GST登録会社としてビジネスをしていくことになります。

You can register GST voluntary, however, you will do business as GST register at least 2years.

 

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル7階

国際事業部

藤井大輔

 

<Contact>

 

Company: Tokyo Consulting Firm

Address: 7th Floor, 2-5-3, Shinjyuku, Shinjyuku-ku, Tokyo

Department: International Department

Name: Daisuke Fujii

コメント

マレーシアのGSTについて

2015-03-03 08:25:38 | マレーシア税務

こんにちは。東京コンサルティングファームの藤井です。今回は、4月から施行されるGSTについてご紹介をしていきたいと思います。

 

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo consulting firm. In this blog, I would like to focus on GST started from 1st April 2015.

 

2015年度から、今まであった売上税、サービス税を廃止して、新たにGST(日本でいう消費税のようなもの)の導入が決まりました。今回は、GSTとは何かという紹介を行っていきたいと思います。

I would like to explain what GST is below. (GST is introduced by the government from 1st April 2015)

 

まずは、GSTがどのような仕組みか下記で説明します。

At first, I explain the types of GST transaction below.

 

<通常取引>

 

GSTとはいわゆる間接税の一種であり、すべての取引に対してかかってきます。

これが通常の取引形態ではありますが、このほかにも2種類の取引が定義されています。

 

GST is a kind of indirectly tax. All transactions shall be taxable.

 

一つ目がゼロ取引と呼ばれるもので、二つ目が非課税取引と呼ばれるものです。

Secondly, The transaction name is “Zero-transaction”. Finally, the transaction name is “Non-taxable transaction”.

 

<ゼロ取引>

こちらは、指定された品目のみが対象となります。具体的には、生活必需品(米、食肉、砂糖等)、月200リンギットまでの家庭用電気代及び水道代、物品及びサービスの輸出が今現時点での対象です。

This transaction is non-taxable. You do not charge and be charged GST. You can do this transaction in according the list, for example, Rice, Beef, Sugar, and so on.

 

<非課税取引>

 

 

 

 

こちらは、仕入れた者に対して、GSTがかけられます。販売時にはGSTを計上して売り上げることはできません。こちらも対象物が決まっており、国及び地方政府の公共サービスが主なものです。

This transaction is that you have to be charged GST by the supplier but you do not charge GST to the consumer. This transaction is applied for the service from government or government department.

 

このようにして、GST取引には大まかに3つの形態があります。該当する取引によってどのような取引形態をとるのかしっかりと検討していきましょう。

GST transactions are three styles in Malaysia. Please take care of your own transactions in according with these three types.

 

次週はこのGSTについて、少し実務的な面を話していきたいと思います。

I will introduce GST from the practical aspect in the next blog.

 

それでは、今週も頑張って参りましょう!

See you next week.

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル7階

国際事業部

藤井大輔

 

 

 

Company: Tokyo Consulting Firm

Address: 7th Floor, 2-5-3, Shinjyuku, Shinjyuku-ku, Tokyo

Department: International Department

Name: Daisuke Fujii

 

              

 


 

コメント