東京コンサルティンググループ・マレーシアブログ

毎週月曜日更新
東京コンサルティンググループ・マレーシア駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

GST課税について(About taxable GST)

2015-10-26 16:59:47 | マレーシア税務

 

お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。今週のブログは、GST課税について書いていきたいと思います。

Hello. This is Daisuke Fujii of Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd. I am writing something about “About taxable GST”.

 

Q 弊社自身はマレーシアに会社はありませんが、マレーシアにあるA社から仕入れした商品をマレーシアにあるB社に販売しようとしています。その際に、仕入先からGSTを加算された請求書が送られてきましたが、支払うべきなのでしょうか。

 

Q Our company is not in Malaysia. Now, our company imports something from A Company in Malaysia and export to A Company in Malaysia. In this case, supplier (A Company) charges GST to us in the invoice. I think we do not need to pay this and we do not like to pay this. Could you give me advise?

 

 

A これは、物の移動を考えて判断する方が良いと思います。仮に物がマレーシア国内のみにしか移動しない場合は、GST課税対象となります。また、商品が一旦、国外に出る場合は、ゼロ課税取引となります。ただ、マレーシア企業が保守的に運営していることもあり、とりあえずGSTを載せて請求するといったことも結構ありますので、そういった可能性で退けている可能性もあります。

 

  

A In this case, you can see the goods where is to. If this good is from Malaysia to Malaysia, in this case, this supply will be seemed as Standard transaction (Incurred GST). If this good is from Malaysia to outside, in this case, this transaction will be seemed as Zero-rate supply. But in Malaysia, actually, many Malaysia Company do not know how to handle with GST, so many company charge GST on every invoice.

 

 

 

 

  

 

 

それでは良い週を!

See you next week!

 

<連絡先>

 

株式会社東京コンサルティングファーム

Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

国際事業部 マレーシア

藤井大輔

TEL: +603-2092-9547 

 

<Contact>

 

Company: Tokyo Consulting Firm Sdn Bhd

Address: Level 16, 1 Sentral Jalan Stesen Sentral 5 KL Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia

Department: International Department in Malaysia Branch

Name: Daisuke Fujii

TEL: +603-2092-9547

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« GST未登録社の還付手続きにつ... | トップ | 外貨請求書に対するGSTの扱い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マレーシア税務」カテゴリの最新記事