インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

就業規則における法令・慣習2

2018年02月13日 13時08分45秒 | インドネシアの労務

東京コンサルティングの金目でございます。

今回は、前回に引き続き、就業規則の作成・更新のための、インドネシアの法令および慣習を投稿致します。

 

Q:残業代(時間外労働手当)を支払わなくてもよい役職はありますか?

 

A:ございます。労働移住大臣決定書2004年第102号では、

「特定の役職等級に含まれる労働者は、より高額の賃金を受け取るということを条件にして、残業手当を受ける権利を有しない。」と記載がございます。

 

 

また、上記は就業規則への記載義務はございません。

 

そして、残業をする従業員は、直属の上司の承認を得てからではないと、許可・支払いをしていない現状がございます。

 

 

宜しくお願いいたします。

 

PT. Tokyo Consulting

金目 沙織

 

 


 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« KBLIコードの新旧について  | トップ | 週6日勤務の社員について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの労務」カテゴリの最新記事