インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

賃金構成・スケールの提出義務に関する新規制

2017年05月10日 16時53分26秒 | インドネシアの労務

お世話になっております。PT. Tokyo Consultingの早川でございます。今回は2017年3月21日に発令された、労働大臣令2017年第一号についてお話したいと思います。こちらは、政令2015年第78号で定められていた、賃金構成及びスケールの提出義務に関する細則でございます。

 

 政令2015年第78号では、賃金構成及びスケールを未策定・未適用の企業は、2017年10月23日までに従業員及び労働移住省に報告する義務があると定められました。これを通知しなかった場合には、書面による注意から、事業活動の凍結までの、いずれかの段階の行政処分を受けると定められています。

 本規制の対象ですが、就業規則の提出義務の対象(社員が10名様以上の企業)と異なり、ローカル社員を1名でも雇っている企業は、Wajib Laporと共にこちらを報告する義務がございます。

 

 新しい労働大臣令では、それぞれの役職・等級における最低賃金・最高賃金の情報を提出しなければならないなどの詳細が発表されました。

 これについて特定のフォーマットでの提出が義務付けられているわけではありませんが、この細則にはスケール構築のフローや計算式、エクセルの使い方などが添付されており、まだ策定されていない企業様に関しては、こちらに従って策定し、報告されるのが好ましいかと存じます。

 

~大臣令で発表された、報告事項の具体例~

役職

等級

最低賃金(Rp)

最高賃金(Rp)

ワーカー

1

1,500,000

2,250,000

大工

2

2,000,000

3,200,000

石工

現場監督

3

3,000,000

4,000,000

建築士

4

6,000,000

8,000,000

 

弊社では、賃金制度だけではなく、評価制度等の人事制度全般の構築をご支援させていただいております。ご質問、ご要望等ございましたら、お気兼ねなくご連絡くださいませ。ご一読いただき、ありがとうございます。

 

 

 

PT. Tokyo Consulting

早川 桃代


 

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 宗教大祭日手当(THR)の支給... | トップ | 原価算出法について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの労務」カテゴリの最新記事