インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

税務調査において否認されやすい項目 旅費交通費

2018年05月01日 11時22分59秒 | インドネシアの税務

こんにちは。インドネシア駐在員の本林です。

 

以前、本ブログにて接待交際費の紹介をしました。今回は同様に税務調査において否認されやすい項目として旅費交通費についてご紹介したいと思います。

 

会社として損金算入が認められるかどうかのポイントは、その費用が「ビジネスに関係しているか否か」であります。

 

例えば、駐在員の一時帰国の渡航費については業務上の出張として捉えれば良いですが、休暇帰省として捉えることも出来てしまいます。その場合は会社が直接負担するとすれば損金不算入、駐在員の手当の一部として扱う場合は個人所得税の課税対象となってしまいます。

 

渡航費の費用控除が否認されるリスクを低減させるには、「出張命令書」など証となる文書を準備することが望ましいと考えられます。

 

 本林 高志

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 就労ビザ取得手続の簡易化③ | トップ | 派遣・請負業務について  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの税務」カテゴリの最新記事