インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

就労許可(IMTA)と滞在許可(KITAS)について

2018年03月06日 11時15分57秒 | インドネシアの法務

いつもお世話になっております。東京コンサルティングの早川でございます。インドネシアの日系企業様からいただいた、ビザに関するご質問をご紹介します。

 

<ご質問>

 新しく出張で来るエンジニアに、就労ビザを取得させようと思います。滞在期間は1週間です。この場合、KITASは必要なのでしょうか。

 

<回答>

就労許可(IMTA)と滞在許可(KITAS)についてですが、基本的にインドネシアで就労される場合は就労許可が必要となります。それに加え、下記に当てはまる方は滞在許可(KITAS)を取得する必要がございます。

・インドネシアに1ヶ月以上滞在される方 及び/或いは

・滞在期間中に国外へ出国される予定がある方 及び/或いは

・訪問予定先のお客様から、IMTAだけではなくKITASの取得を求められている方

1週間のみの滞在ということであり、その後もインドネシアで就労する予定がない、ということであれば、VTTまでの取得で問題ございません。

 

ご参考になれば幸いです。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就業規則における法令・慣習4 | トップ | ゼロ申告の必要なし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの法務」カテゴリの最新記事